音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  ピアノ初中級〜中級(ソナチネ程度)の方への発表会おすすめ曲

ピアノ初中級〜中級(ソナチネ程度)の方への発表会おすすめ曲

ソナチネアルバムを普段練習している人なら、1楽章にだいたい1~2ヶ月かかっていると思います(それ以上かかっている場合はワンランク下のレベルが良いと思います)。

譜読みに1ヶ月、テクニック的仕上げに1ヶ月、暗譜と表現力の仕上げに1ヶ月がだいたいの目安です。

曲によっては予備にもう1ヶ月かけても良いでしょう。

本番1ヶ月前からは発表会の曲だけに絞りますが、ハノン等、エチュード系教則本は指の訓練のために必要です(新曲にチャレンジする必要はありません)。

Memo

作曲家の生誕順に並んでいます。不明の方(現代作曲家や楽譜共著者など)は推察して並べています。

曲名 作曲家名 楽譜
特徴
小さな風車 クープラン 楽譜
題名よりもスケールの大きな曲。ドビュッシーやラヴェルの先駆的要素もある
タンブラン ラモー 楽譜
タンブランとは太鼓のこと。装飾音の弾き方や数によって難易度が変わる
ソナタ L.94 K.74 D.スカルラッティ 楽譜
さわやかで堂々とした曲。強弱の変化を付けて奥行きを出す
ソナタ L.386 K.35 D.スカルラッティ 楽譜
シンプルで美しい曲。右手と左手が歌い合うので、どちらの手でも綺麗に弾けるように
かっこう ダカン 楽譜
かっこうの鳴き声を取り入れたさわやかな定番曲。装飾音や16分音符が多く、指の回る人向き
ソナチネ Op.36-3 第1楽章 クレメンティ 楽譜
生き生きとしたソナチネアルバムの定番曲。ソナタ形式を学ぶのに最適
ソナチネ Op.36-4 第3楽章 RONDO クレメンティ 楽譜
軽快な曲。速く弾くのが得意な方にサラッと弾いてほしい
ソナチネ Op.36-5 第2楽章 スイスの歌 クレメンティ 楽譜
可愛らしいスイスの民族音楽。長調だが少し哀調も帯びている。装飾音が美しい
ソナチネ Op.36-5 第3楽章 RONDO クレメンティ 楽譜
明るく軽快な曲。色々な旋律が次から次へと登場し、飽きさせない
エリーゼのために ベートーヴェン 楽譜
ピアノ学習者の憧れの曲。テクニック・表現力がいる。有名な曲なのでそれなりの覚悟が必要
ロンド フンメル 楽譜
あまり知られていない曲を弾きたい人におすすめ。オクターブあり
序奏とロンド Op.151-4 ディアベリ 楽譜
深刻で重々しい序奏の後、一転して軽やかで明るい曲となる
ソナチネ Op.20-1 第1楽章 クーラウ 楽譜
ソナチネアルバムの発表会定番曲。各主題をのびのびと明るく
ソナチネ Op.20-2 第1楽章 クーラウ 楽譜
堂々として活発な曲。ソナチネの中では難しく、モーツァルトやベートーヴェンのソナタへのステップ
空気の精 ブルグミュラー 楽譜
軽快な曲。短いが内容がしっかりしている。オクターブも有り
大雷雨 ブルグミュラー 楽譜
迫力満点。情景を思い浮かべながら表現できる
トルコ風ロンド ブルグミュラー 楽譜
エキゾチックな曲。オクターブが多くスピード感も必要だが、無表情にならないように
ベニスの舟歌 Op.30-6 メンデルスゾーン 楽譜
深い悲しみと情熱を持った曲。表現方がわかりやすい。長いトリルを細かく
プレリュード 作品28-4 ショパン 楽譜
ゆっくりした曲で表現力を磨きたい大人の方に。左手が難しいのがショパンの特徴
プレリュード 作品28-7 ショパン 楽譜
CMで有名になった曲。短いので組み合わせ曲に
アルプスの夕映え エステン(オースティン) 楽譜
華やかでスケールが大きい曲。オクターブがはまる事が第一条件
花の歌 ランゲ 楽譜
憧れの発表会定番曲。聴かせどころの美しい旋律がたくさんある
シャコンヌ デュラン 楽譜
上品でおしゃれな曲。ロマン派作曲家による古い様式の舞曲
ワルツ デュラン 楽譜
スケールが大きく華やかな曲。長いが同じフレーズも多い。前奏に苦戦するかも
ババヤガ(魔女)Op.39-20 チャイコフスキー 楽譜
民話の魔女の曲。スタッカートで速く弾くのが難しい。速さでレベルは変わる
乙女の祈り バダジェフスカ 楽譜
ピアノ学習者憧れの定番曲。手の大きい人に。暗譜は楽
タランテラ Op.77-6 モシュコフスキ 楽譜
速くて聴き映えのする曲。弾けば弾くほど面白くなってくる
秋に マクダウェル 楽譜
題名の予想をくつがえす激しい曲。三部形式なので譜読みは楽
メヌエット パデレフスキ 楽譜
華やかで壮大な人気曲。オクターブが届くこと必須。演奏効果が高い
オデオン ナザレー 楽譜
ブラジル風タンゴ。ロマンチックな香りも感じられる名曲。手の大きさも必要
悲歌 カリンニコフ 楽譜
美しく哀愁漂うメロディー。大人っぽい感性で表現しよう
ワルツ・レント メリカント 楽譜
ロマンチックな曲。表現力のある人に緩急をつけて歌い上げてほしい
ルーマニア民族舞曲 No.1 棒踊り バルトーク 楽譜
エキゾチックな曲。表現力が必要。暗譜は音の響きを覚え込むことが重要
ルーマニア民族舞曲 No.5 ルーマニア風ポルカ, No.6 速い踊り バルトーク 楽譜
速くてかっこいい曲。指の強い方に。No.5.とNo.6.は切れ目なく演奏される
きりぎりすの行進(ばったの行進) プロコフィエフ 楽譜
ストーリー性のあるユニークな曲。メロディーをキリッと引き締めて
タランテラ プロコフィエフ 楽譜
近代的でかっこいい曲。左右共に単旋律。速く弾くことが必須
マーチ プロコフィエフ 楽譜
気品ある行進曲。時々現れる不協和音が絶妙におしゃれ
チャルダッシュ・ラプソディ シャー 楽譜
ドラマティックな曲。少し大げさなくらい表現してほしい
ウクライナ民謡による7つの陽気な変奏曲 カバレフスキー 楽譜
いきいきとした華やかな曲。16小節のテーマが織りなす変奏が見事
ソナチネ Op.13-1 第1楽章 カバレフスキー 楽譜
短調ながらも華やかな雰囲気の曲。近代的でかっこいい
ソナチネ Op.13-1 第3楽章 カバレフスキー 楽譜
颯爽としてかっこいい曲。速く駆け抜けるような演奏を目指してほしい
ウィーンの想い出 ギロック 楽譜
テンポを揺らすことをためらわないで。大人っぽいお洒落な曲
ソナチネ 第1楽章 ギロック 楽譜
映画音楽のようなかっこいい曲。硬い音が出ないように手首を柔らかく使って
ソナチネ 第3楽章 ギロック 楽譜
近代的でかっこいい曲。短いので第1楽章と合わせるか他の曲と組み合わせて
ワルツ エチュード ギロック 楽譜
華やかでおしゃれな曲。スピードも表現力も必要で難易度は高い
エチュード・アレグロ 中田喜直 楽譜
速くて勢いがある。最後のグリッサンドが印象的。色々な種類のエチュードのようだが音楽性も高い
おどりとうたと 中田喜直 楽譜
土の匂いがするような日本古来の力強い踊りと、叙情的な歌の組み合わせ
スピード自動車 中田喜直 楽譜
楽しい曲。安全運転にならないように。指が回る人向き
いいことがありそう! 湯山昭 楽譜
ウキウキと楽しい気分の曲。モーツァルトが好んだリズムが使われている。オクターブは出てこない
エコセーズ 湯山昭 楽譜
左手と右手のリズムが違うお洒落な3拍子。譜読みは少し大変だが弾けると楽しい
柿の種 湯山昭 楽譜
近代的な和風の曲。スタッカートやアクセントの情報を基に、リズムをはっきり弾くことが命
月曜日のソナチネ 第1楽章 湯山昭 楽譜
軽やかでおしゃれな曲。臨時記号が多いが、規則を見つければ譜読みも暗譜も楽に
ともだちモーツァルト 湯山昭 楽譜
モーツァルトのエッセンスが凝縮されている。モーツァルト好きにおすすめ
バウムクーヘン 湯山昭 楽譜
ドラマティックな曲。同じフレーズでも違う表情を見せる事がポイント
ボンボン 湯山昭 楽譜
おしゃれなワルツ。左手は規則正しく、右手は自由に歌わせて
波のアラベスク 三善晃 楽譜
フランス印象派のような美しい曲。波のうねりで遠近感を表現する
風がうたう歌 鵜崎庚一 楽譜
色々な強さの風が、木や花の香りを乗せて頬に触れるように。変化記号が多い。
夏の夜のハバネラ 平吉毅州 楽譜
気だるさを表現してほしい大人っぽい曲。ワンランク上の強弱の仕方を学ぶ
青い目をしたウサギのかなしみ 三枝成彰 楽譜
切なさが込められた美しい旋律。中間部ははじけて楽しそうに
さりげない前奏曲 吉松隆 楽譜
変拍子の不思議な世界。ペダルの使い方も大切
心のスペシャル・プレイス キャサリン・ロリン 楽譜
ポピュラー系のおしゃれな曲。緩急のつけ方で難しく聞こえる
ジャズ組曲 1. Prelude グレンダ・オースティン 楽譜
4ビートのジャズ風クラシック。休符の使い方がこの曲の持ち味
ジャズ組曲 3. Finale グレンダ・オースティン 楽譜
速いジャズ。シンコペーションのリズムを両手で合わせるのが少し難しい
華やかなワルツ グレンダ・オースティン 楽譜
ジャズの要素が入った近代クラシック。カッコよく華やかな長調の曲が好みの方に

    本番の演奏に備えて

    発表会やコンクールなどをはじめ、舞台の上で演奏するための準備として、自分の演奏を客観的に見るのはとても大切です。

    スマートフォンなどを使って、定期的に演奏を録画し、ぜひご自身の演奏を確認してみてください。

    改善すべきポイントがきっと見つかります。

    もしピアノ講師からのアドバイスをお求めの場合は、我々がおこなっているPianeysのピアノLINEレッスンをご利用ください。

    録画した動画をLINEで送るだけで、最短当日、アドバイスをお返しいたします。


    また、発表会やコンクールでの演奏は暗譜でノーミスが目標です。

    丁寧な暗譜は舞台の上での演奏を成功に導く鍵です。

    暗譜を極めるための15のステップでは、人前での演奏に失敗しないための完全暗譜法をお伝えしています。

    興味のある方はぜひお読みください。

    皆様のピアノライフを心から応援しております。

     
    LINEレッスンの画面イメージ

    PianeysのピアノLINEレッスン

    LINEで動画を送るだけ!
    あなたの演奏を徹底分析!

     
    Pianeys(ぴあにーず)
    物書きピアニスト

    子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

    • Twitter
    • Facebook
    • YouTube
    PianeysのピアノLINEレッスン
    • Twitter

      日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

      Twitterへ

    • YouTube

      YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

      YouTubeへ

    PianeysのピアノLINEレッスン