チャルダッシュ・ラプソディ~シャー

初中級~中級★☆☆
イ短調

チャルダッシュはハンガリーの民族舞曲の一つで、悲喜こもごもの旋律、めまぐるしく変わるテンポが特徴です。

単に弾き終えるだけならこの曲を選ぶ意味がない、と言っても過言ではありません。前半は堂々と、中盤は悲しみを込めて、後半は生き生きと楽しんで・・・少し大げさなくらいに表現して欲しいです。

短い曲ですが、ドラマティックな導入部、ジプシーギターのような挿入など、強烈な印象を与えるのは間違いありません。自由自在に弾きこなせるほど練習してこそ値打ちの出る曲です。

構成
※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ
 繰り返しも入れています。
あ{A-A’-B(1小節)}
い{前奏(2小節)-C-D-E-F-C-D}
間奏(4小節)
う{G-H-G’-H’}
え{I-J-I’-J’(3小節)}
コーダ{K(3小節)-L(2小節)}

弾き方
A…イ短調の主和音での展開で華やかに始まります。1つ1つ弾いた後に脱力します。 ペダルの踏み方
装飾音は短前打音です。 短前打音の弾き方 最後の音はA’に繋がります。

A’…後半は哀愁が漂います。フレーズの終わりを弱く丁寧に弾きましょう。

B…即興演奏をしているように自由に歌います。完全に終わらせて次のフレーズに入ります。

C…この曲のメロディーは弦楽器のイメージです。4小節目の左手は歌わせましょう。

D…Cよりも緊張感を高めます。

E…ハ長調になり曲調も明るくします。

F…再びイ短調に戻り哀しみは更に膨らみます。 simileの弾き方

間奏…今までの出来事を断ち切るように。ここからイ長調になります。

G、H…2拍子でステップを踏むような活発なダンスです。8分音符のスタッカートにはあまりペダルを入れません。カッコ付きリピートの弾き方

繰り返した後は1オクターブ上で弾く指示があります。 8vaの弾き方

I、J、I’、J’…クルクル回るようなダンスになりました。左手のシンコペーションをはっきりと。右手のスラー、スタッカート、アクセントも区別して弾きましょう。2小節ごとに1音ずつ下がってきますが、気持ちは高ぶっています。

K…右手小指の音をはっきり出します。L.H.は左手で弾く指示です。

L…最後までスピードをあまり緩めずに締めます。

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。もう少しゆっくりでも大丈夫です。

幼児~高齢者まで 、人前で暗譜演奏する方は、失敗しない暗譜の仕方を参考に練習してください。緊張を抑える方法もおすすめします。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む