音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  バウムクーヘン~湯山昭

バウムクーヘン~湯山昭

初中級~中級★★☆
ハ長調

ドラマティックな曲。テクニック的には大変ではありません。

同じフレーズでも場面によって違う表情を見せなければならないので表現力のある人向きです。

何層にも重なっているバウムクーヘンのように、音の重なりを楽しみましょう。

湯山昭作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。

興味のある方は一度ご覧ください♪

構成

※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ

あ{A-B-C-C’-D-E}
い{A-B’-F-F’-G-E’}
あ’{A-B’’-C-C’-D-E}
う{H-H’-I-I’}
え{J(2小節)-J’(2小節)-A’}

弾き方

A…右手は丁寧に少しゆっくりめに入ります。「cantabile」は「歌うように」という音楽表現の記号です。
装飾記号はプラルトリラーです。 プラルトリラーの弾き方
左手は1拍目に少し重みを置きます。1小節ずつ切って弾いても良いと思います。
ペダルの踏み方

B…最後は落ち着いて少しゆっくりします。複縦線の向こうは少し曲調が変わるので準備します。

C…今までよりも軽い感じになっています。「un poco leggiero」は「少し軽く」、「senza Ped.」は「ペダルを使わないで」という指示です。

C’…Cより少し発展しているので、少し大きめに弾きます。
装飾音は短前打音です。 短前打音の弾き方
左手の小指は2分音符分はきちんと伸ばして、もう一つのメロディーがあるように弾きます。

D…指使いを守って、スラーにしながら盛り上げます。

E…一つのまとまりの終わりらしく。

B’…最後の小節、第1拍目の左手のアクセントを大切に弾きましょう。この後しっかりブレスします。

F…「un poco piu mosso」は「今までよりも少し速く」という意味です。緊張感を持って進みましょう。右手は三連符がバタバタしないように注意して下さい。

F’…Fよりも一段大きな音で始めます。最後の小節はクレッシェンド気味に。

G…このフレーズが一番大きく、しかも右手のメロディーが浮き出るように弾きます。

E’…3小節目の右手のスラーの付き方に注意します。ここも一つのまとまりが終わるように弾きます。

H…コーダに入りました。今までよりも全体に速く弾きます。強弱は、はじめは少しソフトにして、だんだんエンジンをかけて行きます。

H’…「piu f」は今までより強くという意味です。
simileの弾き方 ここではペダルを「H」と同じように踏みなさいという指示です。
最後は次の小節に向けて素早く「mp」の用意をします。

I、I’…「L.H.」は左手で弾くという指示です。Jに向けて緊張感を高めて行きます。

J、J’…4分の4拍子、ホ長調になりました。「Grandioso」は「壮大に」という意味です。テヌートはたっぷりと少しゆっくり目に弾きます。

A’…出だしは「ff」ですが、急激に弱くして行きます。「espress.」は「表情豊かに」という意味です。何回も出てきたフレーズの締めくくりとして堂々と弾きます。最後の和音2つは丁寧に噛みしめるように弾きましょう。

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。

もう少しゆっくりでも大丈夫です。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ