ダンパーペダル(damper pedal)の弾き方解説

ダンパーペダル(damper pedal)の意味とピアノでの弾き方をサンプルの楽譜を使ってわかりやすく解説します。

今回用意した楽譜はこちら。

楽譜1
ダンパーペダル

楽譜2
ダンパーペダル

ダンパーペダルのマークは、ピアノの一番右のペダルを踏むという指示の音楽記号です。

下側にカギカッコのような線で表すこともあります。

電子ピアノは構造が違うので、ダンパーペダルと言わずにサスティンペダルと呼ぶこともあります。

ペダルを踏むと鍵盤から指を離しても弦は振動を続けるので、音が持続した状態になります。

ペダルを踏むときに注意することは、かかとを床に付けたままで足先はペダルに付けたままにすることです。

高い位置からペダルを踏むと足がペダルに当たる音が発生するので、靴を履いて演奏するときなどは特に注意しましょう。

作曲者がペダルを不必要としているところはsenza Ped.(センツァ・ペダル)と表示しているときもあります。

楽譜1の弾き方解説

ダンパーペダル

「ド」で踏んで「レ」で離します。

花のようなマークはsenza(センツァ)と言って、ペダルを離す音楽記号です。

「ミファ」はペダルのない状態ですが、足はペダルに乗せておきます。

「ソ」で踏んで4拍弾き終わったら手と一緒にペダルを離します。

楽譜2の1小節目の弾き方解説

ダンパーペダル

踏み継ぎペダルです。

「ド」で踏んで「レ」を弾いてからペダルをすばやく踏み変えます。

「レ」と一緒に踏み変えると音が切れたり濁ったりします。

楽譜2の2小節目の弾き方解説

ダンパーペダル

「ミ」で踏んで手は離します。

「ファ」を弾いてから手が離れるまでにペダルをすばやく踏み変えます。

これは踏み継ぎペダルの練習にとても良いと思います。

【関連する音楽記号】
ウナ・コルダ(U.C.)

音楽記号一覧へ戻る

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む