ピアノの連弾について

ピアノの連弾では1台のピアノを2人以上で弾きます。
2人で弾くのを四手連弾、3人で弾くのを六手連弾と言います。
四手連弾が一般的なので、このページでは四手連弾について解説します。
連弾で聴き映えのする曲は「ピアノ発表会におすすめの連弾曲」にまとめています。

連弾曲のジャンル

あらかじめピアノ連弾として作曲されたものと、オーケストラ曲、映画音楽、難しいピアノソロ曲などをピアノ連弾用にアレンジしたものがあります。
後者については元の曲に対して何種類もの作品がある場合もあり、楽譜も時代の流れと共に変わっていったり絶版になったりする可能性があります。

連弾の楽しさ

2人で演奏することにより、迫力もあり華やかで幅広い音域の曲が味わえます。
2人で1つの作品を仕上げる喜びや楽しさも体験できます。

連弾の難しさ

連弾はソロと違う技術が必要です。
お互いに息を合わせることや、音量のバランスを考えて譲りあうことも大切です。
自分のパートだけ練習していては気付かないこともあるので、相手のパートも予習しておくと良いでしょう。

プリモとセコンド

主に高音部を受け持つ人をプリモ、低音部を受け持つ人をセコンドと言います。
初心者の方向けのピアノ楽譜では、教師がセコンドを弾くためにセコンドが難しくなっていますが、特にプリモ・セコンドのどちらが簡単という訳ではありません。
ペダルはセコンドが担当します。

連弾を演奏する心構え

連弾は1+1=2ではなく3にも4にもなりますが、-1にもなる怖さもあります。
少しくらい自分が間違えてもどちらが間違えたかわからないから大丈夫だろう、という気持ちではこのような結果になります。
まず、自分が間違えると、相手が動揺し新たなミスを連発する場合があるので、ミスをしても最小限にとどめることや、それを受け止める柔軟さは、個人練習や2人の合わせ練習、意見交換によって培われるでしょう。
連弾の喜びは、2人が求める理想の演奏ができた時に感じられます。

まとめ

ピアノの連弾は、迫力があり華やかで幅広い音域の曲が味わえます。
2人で1つの作品を仕上げる喜びや楽しさも体験できます。
一方で、バランスをあわせる技術が必要で、ソロとは違った難しさもあります。
ぜひ練習を重ね、連弾で色々な世界を味わってみてください。

PianeysのピアノLINEレッスンでは、LINEで撮影した動画を送るだけでピアノレッスンが受けられます。音大卒で、指導・演奏ともに経験豊富なピアノ講師が自信をもってアドバイスします。

幼児~高齢者まで 、人前で暗譜演奏する方は、失敗しない暗譜の仕方を参考に練習してください。緊張を抑える方法もおすすめします。

PianeysのピアノLINEレッスン

ピアノソロ・おすすめ曲

発表会で聴き映えのするものを選曲しました。レベルは5つに分けています。作曲家別に曲を探すこともできます。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む
作曲家別に探したい方
レベル1〜レベル5のピアノ発表会おすすめ曲を作曲家別にまとめています。作曲家の出身・時代・曲の傾向や特徴など、簡単な説明を添えています。作曲家別に探す

ピアノ連弾・おすすめ曲

ピアノ発表会におすすめの連弾曲を紹介しています。初級〜中級〜上級まで、幅広い難易度でおすすめの曲を一覧にしています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。ピアノの連弾についておすすめ曲リストへ進む

ピアノ発表会におすすめの楽譜

ピアノ発表会おすすめ曲が掲載されている楽譜を一覧で紹介します。発表会だけではなく、普段のレッスンでも利用できる内容の濃いものばかりです。おすすめ楽譜リストへ進む