はじめに

最近は自宅のピアノ教室になかなか生徒が集まらないという厳しい現実があります。原因の一つにはピアノが習いにくくなっていることがあると思います。アコースティックピアノを置けない住宅環境、騒音などの物理的問題。楽器購入という初期費用が高く付く経済的問題。これらはピアノを始めたい方には大きな問題です。

また、習い事が多様化しているため、自宅練習が重要なピアノには時間的問題が付きまとい、子どもの忙しさに親が二の足を踏んでしまうということもあります。

ピアノ講師(ピアノ教師)としては、高い授業料を払い、厳しいレッスンを乗り越えて音大を卒業したのに残念です。しかし、その関門をくぐり抜けて習いに来てくださった方にいつまでもピアノを弾くことを忘れないでいただくのは、ピアノ講師の務めではないでしょうか。

ピアノを教えるということは、生徒のみならず自分も向上できます。ピアノ講師は幾つになっても世界中どこでもできる素晴らしい仕事だと思います。

ピアノ教室を成功させるために

ピアノ教室を成功さえるための秘訣を12箇条形式でまとめています。生徒を集める方法や、集まった生徒がいかに飽きずに長くレッスンに通ってもらえるか。生徒の年齢に合わせて、幼児編・小学生編・大人編と分けて考察しています。

何かとトラブルの多い出張レッスンについても、経験に基づいて注意点を紹介します。また、ピアノ教室では発表会はぜひやっていただきたいと思うので、発表会を開催するときに参考にしていただきたいポイントをお話します。

「あの先生に巡り合って良かった!」と思ってもらえるような、素敵なピアノ教室を目指しましょう。

ピアノ教室、成功の秘訣12箇条

生徒集め 12箇条
生徒集めは最初の一人が来るまで結構苦労します。なるべくお金をかけずに生徒集めをする方法をあげてみました。この方法は同時に自分の技術を磨いたり、レッスンスタイルを研究することにも繋がります。自分がピアノを習いに行くならこんなピアノ教室という理想を描いて下さい。詳しく読む
レッスンの進め方~幼児編 12箇条
数あるピアノ教室の中から選んでもらった事を感謝して、誠意を持ってピアノレッスンに臨みましょう。ドもレも知らなかった幼児が、ピアノの先生のお陰で楽譜が読めて、曲が弾けるようになるのは誇らしいです。幼児の生活にピアノがあり、生涯の友になるように導きましょう。詳しく読む
レッスンの進め方〜小学生編 12箇条
小学生になると、一人でピアノレッスンを受ける子が増え、親御さんを通さずに1対1で向き合うようになります。親御さんとは直接お会いする機会が減りますが、ピアノ教師(ピアノ講師)と保護者の信頼関係を作りましょう。生徒ともピアノレッスンを通して絆を深めましょう。詳しく読む
レッスンの進め方~大人編 12箇条
大人でピアノを習っておられる方は小さい頃に習っていたけどやめてしまった再チャレンジの方(再開組)と何か新しいことを始めたくてピアノを選んだ初心者の方がいます。ここでは初心者と再開組の大人の方に対するピアノレッスンの進め方を書いていきたいと思います。詳しく読む
出張レッスンの心得 12箇条
出張のピアノレッスンは自宅のピアノ教室とは違うポイントがいくつかあります。ここでは合理的で安全な出張レッスンについて考えていきます。時間ロス、駐車場問題、お月謝、出張費などをよく考えた上で負担にならなければ出張でのピアノレッスンを引き受けましょう。詳しく読む
発表会への道 12箇条
人前でピアノを演奏するには勇気と忍耐がいります。それは実際にピアノ発表会に出演した人だけの貴重な経験です。小さな会場(ホール)でもよいのでそのような場を作りましょう。ピアノ発表会の会費を安く抑えるためにはとても手間がかかりますが、そのノウハウをお伝えします。詳しく読む