ピアノ発表会におすすめの連弾曲

ピアノ発表会におすすめの連弾曲を紹介しています。初級〜中級〜上級まで、幅広い難易度でおすすめの曲を一覧にしています。

連弾についての詳しい説明は「ピアノの連弾について」をご覧ください。

一覧の中の難易度は、プリモ・セコンド共に1.初心者、2.初級、3.初中級、4.中級、5.中上級、6.上級で表しています。

組み合わせは、生徒同士、先生と生徒、親子、兄弟姉妹など、自由に楽しめます。難易度4以上の曲は講師演奏にも適しているでしょう。

並びは作曲者の生誕順です。不明の方(現代作曲家や楽譜共著者など)は推察して並べています。

曲目 作曲者 動画 難易度
プリモ
特徴 楽譜 難易度
セコンド
メヌエット ト長調 ボサノヴァArr.ペツォールト(伝バッハ)動画3
4拍子のお洒落なアレンジ。原曲のメヌエットは研究の結果J.S.バッハの作品ではないことがわかった。楽譜4
『子供の情景』より「見知らぬ国」シューマン動画1
子供がまだ見ぬ知らない国に思いを馳せている美しい曲。オブリガート追加。楽譜4
『組曲ドリー』より 「キティ・ワルツ」フォーレ動画6
楽しくて華やかな曲。ちょっと意外性もあるのがお洒落。楽譜6
『小組曲』より「小舟にて」ドビュッシー動画6
風や水を音で表現している。二人の曲のイメージをピッタリ合わせることが大切。楽譜6
ザ・ジュピター(木星)ホルスト(伊藤康英Arr.)動画6
前半はしっとり、後半のあっと驚くアレンジが楽しく、ウケルこと間違いなし。楽譜6
シング・シング・シングルイ・プリマ動画4
スウィング・ジャズの代表曲。掛け合いが魅力的。楽譜4
公園であそぼうギロック動画2
公園の中にあるものを探検しよう。絵を一緒に出しても面白い。楽譜3
コサックダンスギロック動画1
バラライカの調べにのせた勢いのあるコサックダンス。楽譜2
汽車は走るよ中田喜直動画5
ワクワク楽しい汽車の旅。速くて元気な曲が好きな方に。楽譜5
タンポポのワルツマーサ・ミアー動画1
可愛らしいおしゃれなワルツ。野に咲く花を想像して。楽譜1
美女と野獣アラン・メンケン動画3
アカデミー賞作曲賞受賞の名曲。いつの時代にも愛される。楽譜3
ホール・ニュー・ワールドアラン・メンケン動画4
アカデミー賞作曲賞受賞の名曲。デュエットのハーモニーが素敵。楽譜4
こわそうなワニキャサリン・ロリン動画1
ちょっと不気味な曲。水の中にワニが潜んで獲物を狙っている。楽譜1
1920' チャールストンキャサリン・ロリン動画3
古き良きアメリカのダンス曲。掛け合いが楽しい。楽譜3
おまつり鈴木豊乃動画2
日本の活気ある祭りばやし。リズミカルにさっそうと。楽譜1
ゆきんこおにごっこ佐藤臣動画2
雪の中を走り回る元気な子供達。わらべうたのような旋律が魅力的。楽譜1

    ピアノソロ・おすすめ曲

    発表会で聴き映えのするものを選曲しました。レベルは5つに分けています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。

    ピアノ初心者の方
    ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
    ピアノ初級の方
    楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
    ピアノ初級~初中級の方
    ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
    ピアノ初中級の方
    ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
    ピアノ初中級〜中級の方
    ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む

    ピアノ連弾・おすすめ曲

    ピアノ発表会におすすめの連弾曲を紹介しています。初級〜中級〜上級まで、幅広い難易度でおすすめの曲を一覧にしています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。ピアノの連弾についておすすめ曲リストへ進む

    ピアノ発表会におすすめの楽譜

    ピアノ発表会おすすめ曲が掲載されている楽譜を一覧で紹介します。発表会だけではなく、普段のレッスンでも利用できる内容の濃いものばかりです。おすすめ楽譜リストへ進む