ルーマニア民族舞曲No.1.棒踊り~バルトーク

初中級~中級★★★
イ調(イ短調orイ長調)

右手は単旋律。左手の和音やリズムの変化でエキゾチックな曲に仕上がっています。

ルーマニア民族舞曲は全6曲ありますが、全部演奏すると表現などがかなり難しいです。単品で弾くならこの第1曲目、コンクール等で弾くなら第1,5,6曲が適していると思います。

構成 
※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ
あ{A-B-A’-B’}
い{C-D-E-F}
う{C’-D’-E’-F’}

弾き方
A…A、Bで一つのフレーズです。右手はシンコペーションのリズムを取りながら盛り上がります。1小節目の堂々とした主和音に対し、2小節目は少し控えめに入っています。
左手装飾音は短前打音です。 短前打音の弾き方

B…少し弱い音から始めます。スタッカートやスラーの付け方に注意します。最後の小節では交差した右手が旋律なので、左手の音は音量にも気を配りましょう。

A’…右手はAと同じ旋律ですが、左手は全く違います。主和音から始まらないので、弱めから弾いています。

B’…左手はBと同じ旋律ですが、右手は少し違うので暗譜に注意しましょう。

C…両手共になめらかに演奏します。C’と同じにならないように、弱い音から始めています。4小節目後半からはリズムに乗ってしっかり弾きます。

D…音が下行しているので自然に弱くなるようにしましょう。

E…今までの旋律の中で、一番弱く弾くところです。三連符が機械的になりすぎないように。

F…勇ましくクレッシェンドしていきます。右手は鋭いスタッカートで。

C’…右手はCと同じ旋律で、後半は重音になっています。始めから大きめの音で弾いています。

D’…右手はDと同じですが、左手の和音は全く違います。どこがどのように違うのかを覚えることによって、暗譜が確実なものになってきます。

E’…切なく歌い上げます。

F’…急激なクレッシェンドをして、堂々と弾ききります。2か所だけFと違うところがあるので、理解しながら響きも覚えます。

ペダルを表示通りに踏むと裏拍で踏むようになってしまいますが、これは音の少し後にペダルを踏むというぐらいの感覚で良いと思います。 ペダルの踏み方

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。もう少しゆっくりでも大丈夫です。


PianeysのピアノLINEレッスンでは、LINEで撮影した動画を送るだけでピアノレッスンが受けられます。音大卒で、指導・演奏ともに経験豊富なピアノ講師が自信をもってアドバイスします。

幼児~高齢者まで 、人前で暗譜演奏する方は、失敗しない暗譜の仕方を参考に練習してください。緊張を抑える方法もおすすめします。

PianeysのピアノLINEレッスン

ピアノソロ・おすすめ曲

発表会で聴き映えのするものを選曲しました。レベルは5つに分けています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む

ピアノ連弾・おすすめ曲

ピアノ発表会におすすめの連弾曲を紹介しています。初級〜中級〜上級まで、幅広い難易度でおすすめの曲を一覧にしています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。ピアノの連弾についておすすめ曲リストへ進む

ピアノ発表会におすすめの楽譜

ピアノ発表会おすすめ曲が掲載されている楽譜を一覧で紹介します。発表会だけではなく、普段のレッスンでも利用できる内容の濃いものばかりです。おすすめ楽譜リストへ進む