エチュードアレグロ~中田喜直

初中級~中級★☆☆
ハ長調

速くて勢いのある曲。音の粒を揃えて弾けるテクニックのある人向きです。色々なパターンのフレーズが出てきて、そのどれもがエチュードのようです。しかも音楽性が高くまとまっています。

グリッサンドがあります。今までにグリッサンドが痛いから弾きたくないと言った人はいないので、やはりグリッサンドの魅力はたいしたものだと思います。弾き終わると、観客は拍手大喝采となること間違いなしです!

構成
※記号は一応の目安~ほぼ2小節ずつ
あ{A-A’-B-C-C-A-A’-B-D-D-経過}
い{E(4小節)-F(4小節)-E’(4小節)-G(4小節)-E’’(4小節)-F’(4小節)}
う{A-A’-B-C-C-A-A’-B}
え{H-I-H’-I’-C’-C’-J-K(4小節)}

弾き方
A、A’…右手の粒を揃えることはもちろんですが、たくさん出てくる「ソ」の音よりもメロディーになっている方を出します。

B…左手の旋律もしっかりと。

C…最後の音符をきちんと伸ばしましょう。

D…すぐに弱くして急激なクレッシェンドをかけます。

経過…夢の世界に入っていくように。

E…変イ長調になりました。(やや大胆な転調)
ペダルも使います。 ペダルの使い方

EとF、E’とG、E’’とF’の各8小節で、一つのフレーズとなるよう大きくまとめます。右手親指はペダルに頼らずきっちり伸ばします。

G…ハ長調になってたくさんナチュラルが付いています。

E’’…調号もハ長調になりました。
装飾音は短前打音です。 短前打音の弾き方

H、H’、I、I’…右手はモチーフの中で強弱を付けます。緊張感が途切れないように盛り上がります。

H’…左手の小指は短くならないように2拍伸ばします。

K…曲の最後の最後にグリッサンドが出てきて華々しく終わります。 グリッサンドの弾き方

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。もう少しゆっくりでも大丈夫です。

幼児~高齢者まで 、人前で暗譜演奏する方は、失敗しない暗譜の仕方を参考に練習してください。緊張を抑える方法もおすすめします。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む