空気の精~ブルグミュラー   

初中級~中級★☆☆
ト短調

内容がしっかりした軽快な曲。妖精がダンスを踊っているように。オクターブが出てくるので、手の大きさも必要です。繰り返すので長い曲に聞こえます。

題名からどんな空気か想像しましょう。高い音やスタッカートは冷たい空気、低い音やレガートは暖かい空気を連想しますね。

構成 
※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ
 繰り返しも入れています。
前奏{A(6小節)-B(2小節)}
あ{C-D-C-D}
い{E-E’-F(6小節)-G(2小節)}
間奏(3小節)
う{H-I-J-K-H-I-J-K’(3小節)}
コーダ{L(5小節)-M(3小節)}
あ{C-D-C-D}
い{E-E’-F(6小節)-G(2小節)}

弾き方
A…右手の三連符は粒を揃えて綺麗に弾きます。この曲の主題のリズム形です。左手の3拍目は次の小節にスラーでつなげるので、3拍目の方が次の1拍目よりも少し大きな音になります。だんだん大きくしてきて最後の上の音ははっきりと。ペダルが長すぎないように注意します。

  
ペダルの踏み方 但し、ペダルは必要最低限で良いと思います。
アルペジオの弾き方

B…ガラッと雰囲気を変えて落ち着きます。

C…左手の4分音符はきっちり伸ばしましょう。「8」は1オクターブ上の指示です。「8」又は「8va」の弾き方

 
装飾音は複前打音、短前打音です。
複前打音の弾き方
短前打音の弾き方

D…Cよりも音が下りてきて少し大きめに弾きます。

E…変ロ長調になって少しのびやかに弾きます。

E’…またト短調に戻って少し控えめに。

F…緊張感を高めながらクレッシェンドしていきます。右手・三連符の頭にアクセントも付いています。

G…この曲で一番強く弾くところです。フェルマータの休符を感じましょう。

F、Gは前奏のA、Bの発展形とも見ることができます。

間奏…水滴のように短くできるだけ弱く。Hに入る前は少し気持ちを切り替える時間が要ります。

H、I…ト長調になりました。メロディーはレガートで歌います。三連符は遠くで鳴っているように軽く。

J、K…8小節で一つのフレーズです。

L…左オクターブの「♭ミ」にアクセントが付いていますが、追いかけるように右手の「♭ミ」にもアクセントが付いているので意識して下さい。

M…D.S.の弾き方

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。もう少しゆっくりでも大丈夫です。


PianeysのピアノLINEレッスンでは、LINEで撮影した動画を送るだけでピアノレッスンが受けられます。音大卒で、指導・演奏ともに経験豊富なピアノ講師が自信をもってアドバイスします。

幼児~高齢者まで 、人前で暗譜演奏する方は、失敗しない暗譜の仕方を参考に練習してください。緊張を抑える方法もおすすめします。

PianeysのピアノLINEレッスン

ピアノソロ・おすすめ曲

発表会で聴き映えのするものを選曲しました。レベルは5つに分けています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む

ピアノ連弾・おすすめ曲

ピアノ発表会におすすめの連弾曲を紹介しています。初級〜中級〜上級まで、幅広い難易度でおすすめの曲を一覧にしています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。ピアノの連弾についておすすめ曲リストへ進む

ピアノ発表会におすすめの楽譜

ピアノ発表会おすすめ曲が掲載されている楽譜を一覧で紹介します。発表会だけではなく、普段のレッスンでも利用できる内容の濃いものばかりです。おすすめ楽譜リストへ進む