ソナチネ Op.13-1 第1楽章~カバレフスキー

初中級~中級★★★
ハ長調

とてもカッコイイ曲で、第3楽章と共に人気があります。コンクールにもよく使われています。

短いフレーズで目まぐるしく音量やリズムなどが変化します。その変化を他の人にわかるように伝えることがポイントです。

構成 
※記号は一応の目安~ほぼ2小節ずつ
ソナタ形式
提示部
あ{A-B-B’-A’}
い{C-D-E-F-E-E’-F’}
う{C-C’-G(5小節)}
え{H(4小節)-I(4小節)-J(4小節)}
え’{H(4小節)-I’(4小節)-K(4小節)}
展開部
あ’{A’’-B’’-B’’’-A’’’}
お{L(4小節)-L’(4小節)}
か{M(4小節)-N(4小節)-O(4小節)}
き{P-P’-Q-Q’-R(4小節)}
再現部
あ{A-B-B’-A’}
い’{C-D-E-F-E’(4小節)-S(3小節)}
え’’{H’(4小節)-I’(4小節)-J’(4小節)}
く{T(4小節)-K’(4小節)-F’’(3小節)}

弾き方
Allegro assai e lusingando「非常に速く、そして甘く優しく」
2分の2拍子は2分音符を1拍に取る2拍子です。

A…第1主題。3つの印象的な和音で快活に始まります。ペダルの使い方

B、B’…Aの和音のリズムが変化します。小節の頭に重心が来るように弾きます。

A’…Aとは少し違う和音ですが、同じようにしっかりたっぷり弾きます。

C…音量を落としますが、はっきりとした音で弾きましょう。特に左手は3つの音を揃えてはじくように弾きます。

D…約1オクターブ、駆け上がるように音量をふくらませます。

E、E’…同じ音型を違う音量で弾き、またそのフレーズに強弱記号も付いているのでその差をしっかり出しましょう。

F…2小節目のスタッカートの和音は特にはっきり。

C’…sub.p「急に弱く」 Cのフレーズが短調になりました。不安な気持ちを出しましょう。

G…すぐに伸びやかな旋律になります。スラーの通りに音を4つずつ固めるというよりは、小節の頭にテヌートが付いているので1小節ずつに取って下さい。下向きのスラーは左手で弾きます。最後の付点2分音符は急に弱くするので、少し間があっても良いと思います。

H…第2主題。ト長調。
tranquillo e cantando ma in tempo「静かに歌うように、しかし正確な速さで」。
鐘の音のようなメロディーです。
メロディーは下行形ですが、2小節ずつ真ん中でふくらませるのが特徴です。左手、半音階シンコペーションが強弱をリードします。

I…歌わせますがテンポが遅くならないように。

J…最後の小節は、次のフレーズの準備のために少し落ち着いた方が良いと思います。

I’…piu f「今までより強く」

K…どんどん静まって行きます。rit.「だんだんゆっくり」 こういう何気ないフレーズが暗譜の穴になるのでしっかり覚えましょう。

A’、B’、A’’…提示部と変わって弱い音で始まります。音も提示部より少なくなっています。

L、L’…後半は前半の縮小形です。scherzando「たわむれるように、軽快に」 cantando「歌うように」
「L」はト短調、「L’」はハ短調です。

M…今までより少し自信のある堂々とした表現です。

N…「M」の影のようなフレーズ。

O…締めくくりはのびのびと弾きます。

P、P’…後半に盛り上げて次につなげます。

Q、Q’…逆に後半は弱くして行きます。左手和音は正確にハッキリ弾きます。

R…下から湧き上がるようにだんだん強くして行きます。molto「非常に」

E’’…これでもか、というくらい盛り上がりましょう。

S…左手スタッカートは短めで、テンポを落とさずに弾きます。

H’…再現部の第2主題はハ長調です。

T、U…今までの情熱をクールダウンさせます。ritard.「ritardandoの略記、だんだん遅く」

F’’…a tempo「もとの速さで」。最後に小さな風が舞います。終わりの2つの和音も同じ速さです。

作曲家カバレフスキーについて(←クリックしてご覧下さい)

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。もう少しゆっくりでも大丈夫です。


PianeysのピアノLINEレッスンでは、LINEで撮影した動画を送るだけでピアノレッスンが受けられます。音大卒で、指導・演奏ともに経験豊富なピアノ講師が自信をもってアドバイスします。

幼児~高齢者まで 、人前で暗譜演奏する方は、失敗しない暗譜の仕方を参考に練習してください。緊張を抑える方法もおすすめします。

PianeysのピアノLINEレッスン

ピアノソロ・おすすめ曲

発表会で聴き映えのするものを選曲しました。レベルは5つに分けています。作曲家別に曲を探すこともできます。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む
作曲家別に探したい方
レベル1〜レベル5のピアノ発表会おすすめ曲を作曲家別にまとめています。作曲家の出身・時代・曲の傾向や特徴など、簡単な説明を添えています。作曲家別に探す

ピアノ連弾・おすすめ曲

ピアノ発表会におすすめの連弾曲を紹介しています。初級〜中級〜上級まで、幅広い難易度でおすすめの曲を一覧にしています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。ピアノの連弾についておすすめ曲リストへ進む

ピアノ発表会におすすめの楽譜

ピアノ発表会おすすめ曲が掲載されている楽譜を一覧で紹介します。発表会だけではなく、普段のレッスンでも利用できる内容の濃いものばかりです。おすすめ楽譜リストへ進む