嫌だと思ったピアノ教師(ピアノ講師)に関するピアノの先生のブログです。自分自身の経験や、ピアノ教師(ピアノ講師)仲間の意見をもとに書いています。

いねむりをする~ちょっと嫌なピアノの先生

またまた私の小学生時の体験談ですが、ピアノのレッスン中にこっくりこっくりいねむりをする先生がいました。

自分が次の番で待っている間など、ピアノの先生の姿が良く見えるのです。

先生は確実に寝ていましたね!

しかし注意などはそれなりにしていたので、レッスンを受けている生徒さんは気が付かないのかもしれません。 続きを読む »

口臭~ちょっと嫌なピアノの先生

今まで「ちょっと教えにくいピアノの生徒さん」シリーズを書いてきましたが、ここらで自分のピアノの先生を思い起こして「ちょっと嫌なピアノの先生」シリーズを始めます。

「ちょっと教えにくいピアノの生徒さん」シリーズもまだまだ続行予定。 続きを読む »

不勉強なピアノ教師の見抜き方

先日、私の生徒がレッスン時にピアノ発表会のプログラムを持ってきてくれました。

従姉妹のピアノ発表会に行ってきたそうです。

プログラムを拝見すると『バッハ作曲 メヌエットト長調』の文字が…。 続きを読む »

勉強していないピアノ教師の見抜き方~2.

ピアノ曲を勉強していないピアノ教師の見抜き方は、前回のブログに書いた通り、毎週言うことが変わるというのが大きなポイントです。

もっと一目瞭然なのはピアノの発表会です。 続きを読む »

勉強していないピアノ教師の見抜き方

単発でレッスンをしているQ&Rちゃん姉妹から、またお願いしたいという連絡がありました。

あらかじめ今弾いている曲をメールで尋ねることにしていますが、今回のQちゃんの曲は私の弾いていない曲でした。

楽譜を引っ張り出してさっそく練習を始めています。ロマン派なのでなかなか大変です。 続きを読む »

発表会に対して消極的な先生に言いたいこと

ずいぶん昔の話です。
当時、ピアノ発表会をしたかったけど出演者が少ないので、知人のピアノの先生に声をかけてみたことがありました。

その先生は生徒の人数も少なく、今までに発表会をしたことがないのは知っていました。残念ながら返事はNOでしたが、驚いたことにその理由はそこまで必死にピアノを教える気がないからというものだったのです。 続きを読む »

偉そうに教えてはいるけれど実は弾けない。。。

姪の次の自由曲はブラームスの小品op.119-4のラプソディです。

この曲をいただく時に、教授先生は「今までにブラームスは何を弾きましたか?」と聞かれたそうです。姪は何も弾いていませんでした。本来ならば、op.79-1かop.79-2のラプソディは済んでいるほうが望ましいのですが。 続きを読む »

ヒステリックなレッスンを受けてきたと思われる生徒さん

かなり前になりますが、友人の知人の紹介で、レッスンを頼まれた子がいました。友人もその子のことを詳しく知らなかったのですが、当時私が住んでいた家に近かったということで話をくれたのです。

友人によるとその子は女の子で小学5年生。前のピアノの先生にいじめられて、レッスンに行きたくないと言っているそうです。 続きを読む »

失敗の多いコーラス伴奏者のお話

会うといつもコーラスの伴奏者のことを愚痴っている友人がいます。彼女はコーラスが大好きで、地元のサークルに所属しています。

この伴奏者は、トップクラスの音大のピアノ科卒の60代の女性だそうです。

とにかくプライドだけ高いみたいで、貴方達ごときの歌の伴奏をこの私が弾いてあげているのよ!みたいな態度だそうです。 続きを読む »

うんざり。。説明の長すぎる先生

説明の長すぎる先生っていらっしゃいませんか?

以前伴奏していたコーラスサークルの指導者がそうでした。ちゃんとした理論をお持ちでしたが、いつも話が長すぎて参ってしまいました。メンバーのお姉さま方は慣れたもので、顔はにこにこと先生の話に相槌を打ちながら、「ほら、始まった。長いよ~」とまるで腹話術師のようにつぶやきます。 続きを読む »