ピアノの初見に関するピアノの先生のブログです。初見力はあったほうが断然有利です。初見力を高めるにはどのような訓練が必要か、どのような指導が効果的か、ということについて書いています。保護者の協力も不可欠です。

どうすればピアノの初見に強くなれるか?~バレエピアニストだった昔を振り返って

初見はピアノ学習者にとって永遠のテーマですね。

ピアノ演奏の初見が強くなる答えは「リズム感」「度胸」「慣れ」です。

私は「リズム感」はそれ相応にありましたが、「度胸」と「慣れ」はバレエピアニスト時代に鍛えられました。 続きを読む »

導入期における手抜きのピアノ指導

宿題に出した曲を弾かせてミスを直す。

簡単に次の曲の説明をして、「これとこれ、宿題ね!」という。

導入期のレッスンとしては、ピアノ教師の務めを放棄しているレッスンと言えると思います。 続きを読む »

ピアノ教師は見ている!弾き方の違いで苦しんだTさん宅のT子ちゃん

Tさん、T子ちゃんのレッスンも今月で終了です。

T子ちゃんは中学2年生。真面目でちょっとポッチャリ系の女の子です。

一人っ子でTママさんとはとても仲が良く、一緒に行動してきたような様子が伺えます。 続きを読む »

初見の訓練、中学生の生徒さん

新しい生徒のTさんが作って下さった、娘のT子ちゃんのレパートリーレポートの中に、『ダンノーゼルのソルフェージュ』が小学校4年生から入っていました。

この『ダンノーゼル・・・』は音高、音大を目指す生徒が、新曲視唱などの訓練で用いるかなり高度な歌の本です。

T子ちゃんは趣味でずっとピアノをやりたいと聞いていたので、なぜこの本を使っていたのか理由を尋ねてみました。 続きを読む »

ピアノのレッスンで子供に聴音を教えている理由

私は子供のレッスンに聴音を取り入れています。

聴音は「音の高さを正確に聞き取ること」が重要ですが、もう一つの柱は「第1拍目を感じ、リズムをパターンに分けて聞き取ること」です。 続きを読む »

音符はひらがなより簡単。譜読みと初見について

生まれてすぐにひらがなが読めないように、楽譜も初めは誰も読めません。

自分はどうだったのか、もう忘れましたが、生徒達の様子を見ていると、初めはたいてい指番号を当てはめて覚えています。しかしドレミファソ以上の音が出てきて、必ずしも『ド』が1の指でなくなると、壁に突き当たる訳です。 続きを読む »

音感・リズム感が乏しい子供のレッスン

小2のAちゃんはブルグミュラーに入っています。

真面目で理解力もあるのですが、弱点はやはりリズム感です。だいたい出来ないところは予想できます。その場所に来ると、予想通りおかしな事になっています。 続きを読む »

Cちゃんママの勇み足~気を付けたい家での練習

Cちゃんはピアノを弾く練習を始めてから順調に進んでいました。初見も結構早いし・・・と思っていた私が甘かった。。。

実はCちゃんのお母さんが、家で毎回新しい曲を自ら弾いて聞かせ、Cちゃんは楽譜をあまり見ないでそれを丸覚えで弾いていた、というのがわかったのです! 続きを読む »

ピアノの初見が得意な子供に育てるのに必要な親の協力とは?

ピアノ教師の仕事の一つに、楽譜をスラスラ読めるようにするという事があります。

子供がピアノの初見能力をあげるにはどのようにすれば良いでしょうか?

それには重要な2点があります。 続きを読む »

譜読みが出来る子に育てるには

私が受けてきたレッスンは、新しい曲にチェックをされて「これとこれ、宿題ね。」という感じでした。私も教え始めて間もない時は、それが当たり前のレッスンだと思っていました。

しかし、実は家でママさん達が一生懸命教えている、という事実を知ってしまったのです。いえ、教えているというよりも覚えさせているのです。 続きを読む »