音感に関するピアノの先生のブログです。絶対音感・相対音感とは何か?ということについてや、音感をよくするにはどんな訓練が必要か?音感が良い生徒さんにはどのような特徴があるか?など分析しています。

小学校受験のリズム打ち~攻略法は言葉・応用編

リズム打ちの苦手なお子さんの指導で、リズムを言葉に変換する方法をお伝えしました。それに関するブログは下欄からご覧ください。

これだけでもかなりわかりやすくなったと思いますが、更になじみやすくするために、歌を使う方法をご紹介します。

お子さんが知っている歌だったら何でもOK。

それを歌詞の代わりに「タン」「タ」「ウン」「ウ」を使います。

例えば「かえるのうた」の出だしは「タンタンタンタン・タンタンタンウン」です。

「ケロケロケロケロ・クワックワックワッ」は「タタタタタタタタ・タンタンタンウン」となります。

「ウン」について、はっきり切ることはここではあまり考えなくてもよいです。

ただし、「ウン」の拍が縮まりすぎたり伸びすぎたりしないように気をつけます。

「メリーさんのひつじ」の出だしは「ターンタタンタン・タンタンターアー」です。

無意識に付点4分音符や2分音符も使っています。

クイズ形式に色々出してみて、慣れてきたら歌いながら手拍子をします。

それもできるようになれば、手拍子だけ、又はカスタネットなども使ってみてください。

これは楽しくなければ意味がないので、遊びの延長としてできるだけ簡単にできるものにしてください。

に関する他のオススメ記事♪
小学校受験のリズム打ち~苦手な人が間違えている原因
小学校受験のリズム打ち~攻略法は言葉

小学校受験のリズム打ち~攻略法は言葉

リズム打ちの苦手なお子さんの指導を始めています。前回のブログ

何が難しいかと尋ねたところ、何回叩いているか数えられないという答えが返ってきました。

まず、音を数えるのは今すぐやめましょう!

でも何となく真似をするのにも限界があります。 続きを読む »

小学校受験のリズム打ち~苦手な人が間違えている原因

うちのピアノ教室では普段からリズム打ちやリトミックをしているので、生徒さんたちにとっては得意科目です。

しかし、リズム打ちをしたことがない子供にとっては苦になるようです。

先日、小学校受験の試験科目のリズム打ちを教えてほしいというご要望がありました。 続きを読む »

赤ちゃんへの音楽教育

コロナの影響で、ピアノ教室もオンラインを取り入れましたが、やはりタイムラグや音質の点ではなかなか厳しかったです。

しかし、リトミックなどの音感教育の分野では可能性が広がったのではないでしょうか?

音楽教育が少し変化していくように思います。 続きを読む »

ピアノオンラインレッスンで音感教育をする時の注意点

Zoomでピアノレッスンをしています。

もちろんオンラインレッスンでも音感教育はできます。

でも色々やってみて、対面レッスンのようにはできないものも色々ありました。

オンラインレッスンで取り入れられる音感教育、またはちょっと取り入れるのはやめた方がよい音感教育について書いてみたいと思います。 続きを読む »

聴音をやってみて気付いた学校のテスト等の共通点

聴音、いわゆる耳コピですが、うちのピアノ教室では子供の生徒さんに毎週問題を出しています。

耳の訓練はもちろん、楽譜の書き方を学べるのでとても良いと思います。

各生徒さんの取り組み方を見て気付いたことがありました。 続きを読む »

間違えやすい8分の6拍子と4分の3拍子を頭で理解する

8分の6拍子と4分の3拍子はいずれも1小節の中に8分音符が6つ分入ります。

いったいどこが違うのか??混乱したまま時間が経ってしまった大人の方もぜひチェックしてみて下さい。

リズムを確認する時は音量にお気を付けくださいね♪

拍子記号書き換えワーク・8分の6拍子編をおすすめします。

間違えやすい4分の3拍子と8分の6拍子を頭で理解する

4分の3拍子と8分の6拍子はいずれも1小節の中に4分音符が3つ分入ります。

いったいどこが違うのか??混乱したまま時間が経ってしまった大人の方もぜひチェックしてみて下さい。

リズムを確認する時は音量にお気を付けくださいね♪

拍子記号書き換えワーク・4分の3拍子編をおすすめします。

*重要*縦線(小節線)の意味を頭で理解しましょう!

生徒さんの中には小節の中が半拍足らないのに、平気で弾いている人がいます。

拍子が理解できれば、次は縦線。リズム感が整います。

今更聞けない大人の方も、どうぞお試しください。 続きを読む »

この曲は何拍子でしょう?~拍子感を頭で理解する!

ピアノの譜読みで、音符の長さを覚えたら拍子攻略目前です。

拍子感がないとのっぺりした演奏になってしまいます。

今更聞けない大人の方も、どうぞお試しください。 続きを読む »