ピアノ練習アプリflowkeyを使ってみた感想や使用法などに関するピアノの先生のブログです。

25の練習曲より第4番「小さなつどい」(ブルグミュラー)をflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、ブルグミュラーの25の練習曲より第4番「小さなつどい」を演奏しました♪

子どもたちが集まって、小さな子ども会をしている様子が伝わる、可愛らしい曲です。

この曲はレガートとスタッカートのコントラストをはっきりつける必要があります。

例えば出だしは左手はレガート、右手はスタッカートです。

左右が会話をしているかのように弾けると素敵ですね。

演奏動画はこちら♪
続きを読む »

25の練習曲より第5番「無邪気」(ブルグミュラー)をflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、ブルグミュラーの25の練習曲より第5番「無邪気」を演奏しました。

ブルグミュラーはドイツに生まれ、フランスで活躍した作曲家です。

この曲は右手が「ラソファミ・ファミレソ・レド♭シラ」と降りてきます。

このように高さを変えて同じ音型が連続することをゼクエンツと言います。

優美さと軽やかさを保ちながら、このフレーズ感を綺麗に弾くことが大切です。

演奏動画はこちら♪
続きを読む »

くるみ割り人形より「花のワルツ」(チャイコフスキー)をflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、花のワルツ(チャイコフスキー)を演奏しました♪

バレエ音楽「くるみ割り人形」の中で最も有名な1曲です。

オーケストラ版では序奏は、美しいハープのカデンツァから始まります。

続いて、ホルンにより主題が提示されると、ワルツは弦による有名な旋律で奏でられます。

その後、フルート・ヴィオラ・チェロが旋律を提示し、後半になるにつれて華やかさが増していきます。

演奏動画はこちら♪
続きを読む »

おめでとうクリスマスをflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、おめでとうクリスマスを演奏しました。

メロディーが美しく耳に残るこのクリスマスキャロルは、16世紀のイングランドで生まれました。

新年を祝うこのクリスマスキャロルは、イングランドの伝統的なキャロルとしては珍しいらしいです。

多くキャロルの最後の曲目として歌われているそうです。

続きを読む »

メリクリ(BoA)をflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、メリクリ(BoA)を演奏しました。

この曲はBoAのバラードナンバーで、BoAの作品の中で特に有名で歌詞もすてきです。

BoAは韓国出身の歌手で、韓国・日本・アメリカを中心に活躍しています。

2000年、14歳のときに韓国でデビューし、翌年2001年に日本でデビューを果たしました。

彼女はK-POPの海外進出の先駆者です。

続きを読む »

ジングルベルをflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、「ジングルベル」を演奏しました。

クリスマスの定番曲で誰もが知っているジングルベルは、1858年に牧師兼作曲家のジェームズ・ロード・ピアポントが、ボストンにある自分の教会の感謝祭のお祝いで歌うために作った曲らしいです。

本来のタイトルは「馬ゾリ」で、歌詞はクリスマスについては全く触れていないのです!

驚きですよね!

続きを読む »

【作業用ピアノBGM】弾けると楽しいクリスマスソング集~flowkey Christmas

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyで練習できる曲(楽譜)の中で、

弾けると楽しいクリスマスソングを詰め合わせて

作業用ピアノBGMを作りました♪

今日から12月。

去年まではちょっと街に出かけるとクリスマス気分をたっぷり味わえましたが、

今年は自粛生活で、自宅で過ごす時間が長くなっています。

皆様におかれましても、似たような状況にあろうかと思います。

自粛中に先行きを考えると、暗い気持ちになってしまうこともありますが、

このクリスマスソングBGMで、少しでもおうち時間を楽しくなるようであれば、とてもうれしく思います。

来年は楽しいクリスマスを迎えられることを祈りつつ…

続きを読む »

アヴェ・マリア(J.S.バッハ/グノー)をflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、アヴェ・マリア(J.S.バッハ/グノー)を演奏しました。

「アヴェ・マリア」という題名の曲は古くから色々な作曲家が作っています。

その中でも特に有名なバッハ=グノー、シューベルト、カッチーニの3曲が「世界三大アヴェ・マリア」と呼ばれています。

演奏動画はこちら♪
続きを読む »

リトル・ドラマー・ボーイ(キャサリン・ケニコット・デーヴィス)をflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、リトル・ドラマー・ボーイ(キャサリン・ケニコット・デーヴィス)を演奏しました。

1950年代にアメリカで大ヒットを記録したクリスマスソングです。

讃美歌とドラムがマッチしている曲です。

曲の内容は、イエス・キリストの誕生を祝うための贈りものがない貧しい少年が、マリアの許しを得てドラムを演奏してお祝いすると、イエスが微笑んだというものです。

続きを読む »

くるみ割り人形より「金平糖の踊り」(チャイコフスキー)をflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、チャイコフスキー作曲のくるみ割り人形より「金平糖の踊り」を演奏しました。

日本では「金平糖の踊り」や「金平糖の精の踊り」と訳されていますが、本来は果物を砂糖でコーティングしたドラジェというお菓子のことを指しています。

オーケストラ版ではチェレスタで構成されています。

チェレスタはオルゴールのような響きを奏でる鍵盤楽器です。

箱の中には金属板が入っており、鍵盤を押すとハンマーが板を叩いて音が出ます。

続きを読む »