モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンなどクラシックピアノの作曲家に関するピアノの先生のブログです。有名作曲家の生涯、特に生い立ちや人物像にスポットを当てていて、一味違う切り口です。

一ノ瀬海とショパン国際ピアノコンクール「マズルカ賞」

ショパン国際ピアノコンクールでは1位から6位までの入賞の他に、ポロネーズ賞マズルカ賞コンチェルト賞ソナタ賞などが与えられます。これはその回によって受賞者がいない場合や、他の賞が追加される場合もあります。

今回はポロネーズ賞がパン・ウェイで、マズルカ、コンチェルト、ソナタの各賞は一ノ瀬海でした。

特にマズルカ賞を日本人が受賞したのは初めてというのは、驚くべきことでした。日本から出たことのない少年が、なぜマズルカを理解できたのでしょうか? 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきシマノフスキの生い立ち・人物像

耳なじみのない名前かもしれませんが、その音楽は繊細で美しく、ポーランド人がショパンと共に敬愛してやまない作曲家です。

シマノフスキはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家シマノフスキの生い立ち・人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏は9つのプレリュードより第7曲です。↓↓ 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきシューマンの生い立ち・人物像

ロマン派を代表する作曲者で、愛妻クララと共に音楽に命をささげたシューマン。

シューマンはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家ロベルト・シューマンの生い立ち・人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏はクライスレリアーナ第1曲です↓↓ 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきスクリャービンの生い立ち・人物像

ピアノ上級者が愛してやまないスクリャービン。その旋律、和声に魅了されます。

スクリャービンはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家スクリャービンの生い立ちや人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏はエチュード op.8-2です↓↓ 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきリストの生い立ち・人物像

「愛の夢」や「ラ・カンパネラ」などの作曲者で、ピアニストとしても絶大な人気を誇ったリスト。

リストはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家フランツ・リストの生い立ち・人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏は慰め 第3曲(コンソレーション)です↓↓ 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきショパンの生い立ち・人物像

ピアノの詩人と謳われ、珠玉の名曲をたくさん私達に残してくれたショパン。

ショパンはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家ショパンの生い立ち・人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏は4つのマズルカ Op.24-1です↓↓ 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきモーツァルトの生い立ち・人物像

モーツァルトの音楽は心に安らぎをもたらします。

最近では育脳にも効果があると言われていますね。

モーツァルトはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家モーツァルトの生い立ち・人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏は幻想曲 ハ短調 k.475です↓↓ 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきグリーグの生い立ち・人物像

北欧の作曲家グリーグといえば、ピアノコンチェルトの冒頭があまりにも有名です。

その他にも郷愁を感じさせるピアノの名曲がたくさんあります。

グリーグはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家グリーグの生い立ちや人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏は『抒情小曲集』より「蝶々」です↓↓ 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきラフマニノフの生い立ち・人物像

ピアノコンチェルトや、浅田真央さんが使った前奏曲「鐘」など、数々の心に残る名曲を生み出したラフマニノフ。

ラフマニノフはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家ラフマニノフの生い立ち・人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏はプレリュード op.32-12です↓↓ 続きを読む »

ピアノ学習者が知っておくべきJ.S.バッハの生い立ち・人物像

J.S.バッハの音楽は、おそらくどの時代においても新鮮で、これからもそうだと思います。

受け継がれていく中で、数多くの作曲家達に影響を与え続けて来ました。

J.S.バッハはどのような人物だったのでしょうか?

作曲家J.S.バッハの生い立ち・人物像について(←クリックしてご覧下さい)

参考のピアノ生演奏はシンフォ二ア第11番です↓↓ 続きを読む »