生徒のレッスン全般に関するピアノの先生のブログです。幼児から高齢者まで、生徒の年齢別注意点、お月謝やマナー、発表会や伴奏オーディションなど、分類していますので、詳しくはそちらの項をご覧ください。

レッスン中に楽譜をめくる時

ピアノのレッスンで次のページをめくらなければいけない時がありますね。

私の高校~音大生時代は、先生がめくってくださったという記憶はありません。

私の恩師の先生は、ページをめくる時の時間ロスを許して下さいましたが、私の友人の先生のところはダメだったようです。 続きを読む »

ピアノ曲の指使いを考えるのもピアノ講師の仕事

指使いは新曲の譜読みの時に、わりと時間をたっぷり使って考えます。

楽譜の通りに弾くときも弾かない時もあります。しかし自分で指使いを考えるのは相当経験を積んでいるからできることです。 続きを読む »

やっぱり嬉しい年賀状♪

今年も生徒さんから年賀状をたくさんいただきました!

私は毎年生徒さん全員に元旦に届くように年賀状を出しています。

同じく元旦~3日に届く方(年末までに出して下さっている)、私の年賀状を受け取ってから出して下さる方、スルーの方の3パターンいらっしゃいます。 続きを読む »

ピアノ教室でピアノの練習をする…?

ピアノ教室という所は、厳密に言うとピアノを練習するところではありません。

自宅でピアノを練習してきた成果を先生に見てもらう所です!

ところが、スイミングや体操教室と同じようにピアノを考えておられる親御さんがいらっしゃいます。 続きを読む »

学校の伴奏オーディションでピアノ教室を宣伝する!?

小・中学校での音楽会に向けて、毎年頭を悩ませているピアノの先生が多いとお察し致します。

うちの教室でもピアノ伴奏オーディションに毎年数名チャレンジしてくれています。色々大変ですが正直嬉しいです!

何かに挑戦することは素晴らしいし、それがピアノであることはピアノを演奏するということに誇りを持っているからだと思っています。 続きを読む »

「褒めて伸ばす」と「おだててやらす」

春から1年生の〇〇ちゃん。真面目で負けず嫌いな性格で、ピアノもがんばっています。

でもレッスンはやりにくい生徒さんです。

まず、注意したことがその場で直せません。 続きを読む »

努力が報われない小学校のピアノ伴奏オーディション

今年もピアノ伴奏者を決めるオーディションは波乱に満ちていたようです。

幸いうちのピアノ教室では無事に終わりましたが、友人ピアノ教師は納得いかないと怒っています。 続きを読む »

聴音をやってみて気付いた学校のテスト等の共通点

聴音、いわゆる耳コピですが、うちのピアノ教室では子供の生徒さんに毎週問題を出しています。

耳の訓練はもちろん、楽譜の書き方を学べるのでとても良いと思います。

各生徒さんの取り組み方を見て気付いたことがありました。 続きを読む »

ピアノ教室をやめる時にこれだけはした方がよいこと

3年間教えていた◯ちゃんがピアノをやめる事になり、昨日は最後のレッスンでした。

規定通りに1ヶ月前にやめる旨をお聞きしていました。メールでしたが…。 続きを読む »

ガツンと言いました!

8月にオーバーワークのピアノの生徒さんという記事を書きました。

あの時弾いていた『小犬のワルツ』はまだ終わりません。

これ以上甘やかしてはいけないと思うようになってきて、先日ガツンと言いました! 続きを読む »