小学校受験のリズム打ち~苦手な人が間違えている原因

うちのピアノ教室では普段からリズム打ちやリトミックをしているので、生徒さんたちにとっては得意科目です。

しかし、リズム打ちをしたことがない子供にとっては苦になるようです。

先日、小学校受験の試験科目のリズム打ちを教えてほしいというご要望がありました。

年長さんの可愛い女の子です。

ピアノは他で習っていたそうですが、小学校受験の塾に通うためにやめてしまったとか。

リズム打ちは塾でもやっているのですが、完全に落ちこぼれて泣いているそうです。かわいそうに…。

試験では先生の叩くリズムをまねするようです。

ちょっとやってもらいましたが、音が増えてくるとできません。

「どこが難しい?」と聞いてみると
「何回叩いたか数えられない。」と答えてくれました。

なるほど、リズム打ちの苦手な人が陥るパターンです。

次回はその対策についてお伝えします。

音感に関する他のオススメ記事♪
音感・リズム感が乏しい子供への最強の教材
音感・リズム感が乏しい子供のレッスン

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください