Top >  ブログ  >  小学校受験のリズム打ち~苦手な人が間違えている原因

小学校受験のリズム打ち~苦手な人が間違えている原因

2020.08.22

うちのピアノ教室では普段からリズム打ちやリトミックをしていますが、小学校受験の試験科目のリズム打ちを教えてほしいというご要望がありました。

リズム打ちは小学校受験塾でもやっているのですが、うまくできなくて泣いているそうです。かわいそうに…。

試験では先生の叩くリズムをまねするようです。

ちょっとやってもらいましたが、音が増えてくるとできません。

「どこが難しい?」と聞いてみると
「何回叩いたか数えられない。」と答えてくれました。

なるほど、リズム打ちの苦手な人が陥るパターンです。

記憶の仕方に問題がありました。

次回はその対策についてお伝えします。

音感に関する他のオススメ記事♪
音感・リズム感が乏しい子供への最強の教材
音感・リズム感が乏しい子供のレッスン

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • YouTube

    発表会で弾くのにオススメの曲を多数紹介。チャンネル登録者数 1.5万人突破!チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

  • Twitter

    Twitterへ

  • Instagram

    Instagramへ

  • TikTok

    TikTokへ

PianeysのピアノLINEレッスン