赤ちゃんへの音楽教育

コロナの影響で、ピアノ教室もオンラインを取り入れましたが、やはりタイムラグや音質の点ではなかなか厳しかったです。

しかし、リトミックなどの音感教育の分野では可能性が広がったのではないでしょうか?

音楽教育が少し変化していくように思います。

ベビーリトミックも年々人気が高まっています。何よりも音楽や体の動きを通して親子が触れ合えるというのが良いと思います。

なかなかまとまって赤ちゃんにかかりきりになるのは難しいですが、リトミックという時間枠の中では常に親子は一緒ですね。

歌に合わせて体を動かすのは音楽教育の第一歩と言えるでしょう。

かなり昔のブログに最強の音楽教材として童謡をおすすめしましたが、それと同時に赤ちゃんへの音楽教育に大切なことがあります。

それは巨匠と呼ばれる音楽家の演奏を聴かせることです!

少し敷居が高いように感じられるクラシック音楽も、赤ちゃんにとっては普通の音楽です。

音楽を聴くことによって、認知や感覚の発達を促すということは研究で証明されているのはご存知のとおり。

同じ聴くなら、音が整い表現豊かな上質な演奏が良いでしょう。

1日のうちの数十分、ぜひ良い演奏のある暮らしを心がけてみてください。

音感に関する他の記事
音感・リズム感が乏しい子供
音感というプレゼント 
耳のよい子に育てよう

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください