ピアノを弾くときの爪と指先

皆様ご承知のとおり、ピアノを弾くには長い爪は邪魔ですね。

ところがびっくりするくらい長い爪の生徒さんも時々いらっしゃいます。

ピアノを弾いていても邪魔にならないということは、相当寝かせ気味に弾いているのでしょう。

かなり昔ですが、大人の生徒さんでそういう方がいらっしゃいました。

その方より若かった私は、爪を切ってくださいとは言いにくく、見て見ぬふりをしていました。

しかし、家での練習中にピアノの鍵盤と鍵盤の隙間に爪がちょっと入ってしまったようで、かなり痛い思いをされたようです。

次のレッスンでは結構短めに切って来られました。

やはり基本は指が鍵盤に当たる面積が小さい方がスピードが出ます。

その基本を押さえつつ、曲や雰囲気によって指の角度を変えることもしますが、高度なテクニックがいるでしょう。

以前に発表会おすすめ動画のコメントで「爪の音がします」といただいたことがありました。

必ず演奏前に切るようにしているので爪の音はしないはずなのですが、指先が相当固くなっているので指先の音だったようです。

これはどうしようもありません。もう少し遠くから撮れればいいのですが…

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください