小学校受験のリズム打ち~攻略法は言葉・応用編

リズム打ちの苦手なお子さんの指導で、リズムを言葉に変換する方法をお伝えしました。それに関するブログは下欄からご覧ください。

これだけでもかなりわかりやすくなったと思いますが、更になじみやすくするために、歌を使う方法をご紹介します。

お子さんが知っている歌だったら何でもOK。

それを歌詞の代わりに「タン」「タ」「ウン」「ウ」を使います。

例えば「かえるのうた」の出だしは「タンタンタンタン・タンタンタンウン」です。

「ケロケロケロケロ・クワックワックワッ」は「タタタタタタタタ・タンタンタンウン」となります。

「ウン」について、はっきり切ることはここではあまり考えなくてもよいです。

ただし、「ウン」の拍が縮まりすぎたり伸びすぎたりしないように気をつけます。

「メリーさんのひつじ」の出だしは「ターンタタンタン・タンタンターアー」です。

無意識に付点4分音符や2分音符も使っています。

クイズ形式に色々出してみて、慣れてきたら歌いながら手拍子をします。

それもできるようになれば、手拍子だけ、又はカスタネットなども使ってみてください。

これは楽しくなければ意味がないので、遊びの延長としてできるだけ簡単にできるものにしてください。

に関する他のオススメ記事♪
小学校受験のリズム打ち~苦手な人が間違えている原因
小学校受験のリズム打ち~攻略法は言葉

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください