初見の訓練、中学生の生徒さん

新しい生徒のTさんが作って下さった、娘のT子ちゃんのレパートリーレポートの中に、『ダンノーゼルのソルフェージュ』が小学校4年生から入っていました。

この『ダンノーゼル・・・』は音高、音大を目指す生徒が、新曲視唱などの訓練で用いるかなり高度な歌の本です。

T子ちゃんは趣味でずっとピアノをやりたいと聞いていたので、なぜこの本を使っていたのか理由を尋ねてみました。

T子ちゃんは小さい時は某大手楽器店の音楽教室のグループレッスンに通っていて、音符が読めないまま小学校高学年になってしまったということでした。
音符が読めないながらも、耳が良かったので、すでにその時はかなり難しい曲も弾いていたようです。

小学校4年生で某楽器店のレッスンを止め、新しい先生のもとでピアノの個人レッスンを受けるようになったそうですが、その先生がT子ちゃんが音符を読めないのに気づいて、初見の訓練にこの本を併用してくださったそうです。
本来は歌の本ですが、ピアノ用に使われるのはとても良いアイデアだと思いました。

私は引き続きこの本を用いるかどうか考えましたが、結局止める事にしました。

現在中2のT子ちゃんは、すでに勉強の受験モード全開です。
せめて趣味のピアノくらい、お受験の香りのするこの本でなくても良いのでは、と思ったからです。

T子ちゃんは伴奏にとても興味を持っているので、合唱のパート譜や、簡単な外国の童謡などを使っても良いでしょう。最近のJポップは、リズムが難しいので、譜面を読む練習にはちょっと無理だと思います。

私は家にある楽譜を持参して、色々な曲の初見に挑戦してもらっています。

他の生徒にも全員にしていることですが、次の宿題の曲を片手ずつ初見で弾いてもらうことは、レベルチェックにもなり有意義です。

特に練習時間がないT子ちゃんには、一石二鳥でとても大きな手助けになっているようです。現在ベートーヴェンソナタの『悲愴 第3楽章』に取り掛かっていますが、片手ずつの初見はほぼ大丈夫です。

しかしこれは古典派の曲だからとも言えます。古典派の音の動きは、いわゆる想定の範囲内のことが多いので、割と弾きやすいのです。

ロマン派、印象派、現代と進むにつれて、意外な動きが見られ、また苦戦すると思います。


↓↓ランキングに参加しています!
↓↓応援していただくと励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 人気ブログランキング

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です