他の教室のピアノ発表会へ行ってみよう!

ピアノ発表会はホール不足のため、一応どの季節も満杯状態です。

私は時々、勉強のために他のピアノ教室の発表会やオーディションに出向いています。

先日、親戚の子供が出演するピアノ発表会に、ちょっと足を延ばして行ってみました。

ホールには着飾った子供達やママ達、その子のおばあちゃまと思われるマダム達が溢れていました。

こういう場ではパパ達は目立ちません。ビデオ係として定位置に腰かけていらっしゃいます。

演奏を聴いてビックリ!こんな仕上がりでよくぞ舞台に上げたな~という感想です。

ミスタッチや弾き直し以前に、曲の完成度が低いのです。

「この曲のヤマはここ」「この休符にはこんな意味がある」「伴奏部分は控えめに」「ペタペタした手の形では音の粒が揃わない」などなど数えたらキリがありませんが、ピアノ教師は表現について何も教えていないみたいに聞こえました。

それでも出演者やその家族の方々は非常に満足していらっしゃるのです。

私からすると、完全に衣装負けしているように思えるのですが…。

ピアノ発表会というのは、舞台に上がって今習っている曲を弾く会なのでしょうか?

この方々にぜひ他のピアノ教室の発表会も見て頂きたいと強く思いました。

趣味で習っているにしても、お月謝や発表会費がもったいないように感じました。

発表会の関連ブログ】
ピアノ発表会、演奏中のおかしな行動
ちょっとがっかり…発表会後の保護者さん達
発表会の選曲もピアノ教師の腕の見せどころ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください