勉強していないピアノ教師の見抜き方

単発でレッスンをしているQ&Rちゃん姉妹から、またお願いしたいという連絡がありました。

あらかじめ今弾いている曲をメールで尋ねることにしていますが、今回のQちゃんの曲は私の弾いていない曲でした。

楽譜を引っ張り出してさっそく練習を始めています。ロマン派なのでなかなか大変です。

今回の曲はコンクールなどで弾かれるので、もちろんどのような曲かは知っています。

しかしピアノ教師が全てのピアノ曲を理解している訳ではありません。

私の場合、ソナタアルバムクラスまではほとんど暗譜で弾けるほど理解しているのですが、それ以降の曲は自分が習ったことのある曲であっても、やはり一応自分で復習をしておかなければきっちり教えられません。

優秀な教師になるにつれ、それらの曲の幅が広がっていくのだと思います。

今私の生徒でショパンの『幻想即興曲』やベートーヴェンの『悲愴』を弾いている人がいますが、細かいペダルの位置や指使いなどを確認するためには、私にはちょっと練習が必要です。

しかし中にはその作業をスコーンと抜いてしまう教師も時々います。

そういう教師は毎週言うことが変わるので、それを見抜くのは簡単です。

続く。

ちょっと嫌な先生シリーズの他の記事】
勉強していないピアノ教師の見抜き方~2.
不勉強なピアノ教師の見抜き方
口臭~ちょっと嫌なピアノの先生
いねむりをする~ちょっと嫌なピアノの先生

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください