ピアノ発表会おすすめ曲・人気ランキング~2020年9月

ピアノ発表会おすすめ曲 人気ランキングでは1ヶ月ごとにアクセス数の多かった曲を集計しています。

2020年9月の感想は

9月は変化が出てなかなか面白い結果になりました。

初心者はいつものギロック、グルリット、カバレフスキーにラモーの「メヌエット」が食い込んできました!

ラモーはバロック期の作曲家ですが、とても新鮮に感じられるので、私は結構推しています。

初級は順番の前後はあるもののほとんど変わっていません。

初級~初中級(ブルグミュラー前半程度)にギロックの「カーニバルの舞踏会」が入りました。

この曲は少しバロックの香りがする、明るく華やかな曲です。

繰り返しも多いので、練習もお得です。

初中級(ブルグミュラー後半程度)も前回とほぼ同じです。

初中級~中級(ソナチネアルバム程度)には、カバレフスキーの「ソナチネOp.13-1 第1楽章」が初登場しました。

近代曲でもそれほど前衛的ではないところが人気の理由だと思います。

同じく第3楽章と共にコンクールの自由曲でもよく使われています。

ぜひ聴いてみてくださいね!

それから9月の人気急上昇ランキングもぜひチェックしてみてくださいね。

解説は次回をお楽しみに♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください