個人ピアノ教室で体験レッスンを受ける前にすること~ピアノの先生の音楽歴を調べよう

ピアノの先生のフルネームがわかったら、音楽歴を知るために検索しておきましょう。

そもそも個人でピアノ教室を開くのには特に資格が要りません。

大手楽器店絡みのグレードを持っていなくても大丈夫ですし、極端な話、音楽系の大学を出ていなくてもやろうと思えばできるのです。

どの程度のことを教えていただきたいか、ということを考えて慎重にピアノの先生を選びましょう。

名の通った良い音楽大学を出ているという理由だけでは当たり外れがあります。

音楽大学のピアノ科などを卒業すると、真面目に勉強を続けている方は演奏活動を大なり小なり行いますが、それが音楽履歴となります。

中には音大入試がピアノ人生のピークで、卒業後はレッスンに通わなくなってしまう人もいます。

そのような方は、音楽履歴がほとんどありません。

音楽履歴はピアノ教師の「顔」そのものなので、謙遜して載せないということはないと思います。ありすぎてカットするということはありますが。

中にはコンクールを受けている方もいらっしゃるでしょう。入選以上を音楽履歴にされている方も多いと思います。

グレード試験を受けたかったらグレードを持っている先生に習うのが良いし、深くピアノを習いたいとか音大を目指したいなら、音楽歴の充実した先生に習うのが良いでしょう。

ピアノの先生の関連ブログ
音大卒業即ピアノ教師という時代はとっくに終わっている
ピアノ教師にとって教室は個人か楽器店かどちらがよいか?part1.
ピアノ教師にとって教室は個人か楽器店かどちらがよいか?part2.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください