大人の生徒さんにもピアノ発表会に参加してほしい理由の一つ

大人の生徒さんが結構増えて来て嬉しいです!

子供の頃のリベンジという方もいれば、どうしても弾きたい曲があるとか、子供の頃に習わせてもらえなかったとか、色々な理由があるようです。

脳トレと割り切って、進度や選曲を気にせず、それなりに楽しんでおられる方もいらっしゃいます。

大人の方は理解力もあり、手も大きいのでその気になれば上達も早いです。

しかし、癖がなかなか治らないという欠点もあります。特にレガートで弾けない方が意外と多いのに気づかされます。

なかなか治らないのは自分の演奏している音を聞けていないからでしょう。承諾を得てから、手だけ動画撮影して見てもらうと納得していただけました。

しかし、完全に直らないのはわかっています。実際に翌週にはまた戻っています。

発表会などに出られる方ならば、その曲をとことん指導できるのですが、そうでない方は1曲に時間をかけ過ぎることができません。

やはり大人の趣味の方も、どんなに少人数でもいいので、人前で演奏する機会に向けてしっかり練習するということが大切だと思います。

発表会のような見られる・聞かれる機会がないと、真剣に直そうと思えないような気がします。

子供の場合、3ケ月なり4ヶ月なり頑張った結果、基礎的なテクニックはもちろんのこと、曲の表情の付け方も成長しています。

大人のピアノ発表会の関連ブログ】
71歳のピアノ発表会デビューに向けて
楽譜を置いて演奏する時にあたふたしないために
看護師Hさん、2回目の発表会に挑む!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください