牛田智大さんとショパン国際ピアノコンクール~テレビ・おんがく交差点より

牛田智大さんは10代の集大成としてショパンのCDを出されたということですが、更に上の集大成としてショパン国際ピアノコンクールは考えておられるのでしょうか?

私はおおいにありえると思います!

牛田さんはユンディ・リに憧れてピアニストを目指されました。ユンディ・リがショパン国際ピアノコンクールで優勝したのは18歳だったのですね!あらためてその凄さがわかります。

牛田さんは小学生の頃5年連続でショパン国際ピアノコンクール in ASIAに挑まれました。牛田さんは毎回金賞を取られています。しかも最年少記録も度々塗り替えられました。

このコンクールを受けられた理由は、牛田さんの恩師が審査員をされていることも関係があります。これは採点に有利だとかそういう低俗なものではなく、身近にあるコンクールということでしょう。

『ショパン国際ピアノコンクール』とは全く別のコンクールですが、優秀者には予備予選を受けるチャンスが与えられます。もちろん課題曲はオールショパンです。10代はショパンの作品をたくさん勉強されたということですが、毎年コンクールという舞台にあげるくらい深く丁寧に研鑽を積まれたということがわかります。

小林愛実さんもそうですが、『ショパン国際ピアノコンクール in ASIA』を経験されている方が『ショパン国際ピアノコンクール』に挑戦されるのは自然の流れと言えるでしょう。

次回の『ショパン国際ピアノコンクール』は2020年です。浜松国際ピアノコンクールにエントリーされた時は衝撃でしたが、今回はこまめにチェックしたいと思います。

ショパン国際ピアノコンクールに関する他の記事】
一ノ瀬海とショパン国際ピアノコンクール「マズルカ賞」
アニメ『ピアノの森』~ショパンコンクール第二次予選の課題曲について
アニメ『ピアノの森』第2シリーズは2019年♪2020年はショパンコンクール!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください