大人の方が苦手なこと~メトロノームに合わせてピアノを弾く

大人の生徒さんで、長いブランクがあったり大人から始めた方によくある問題点です。

メトロノームに合わせてハノンなどを弾くのが苦手な方が結構いらっしゃいます。出だしから合わなかったりもします。

「大縄跳びに入っていくような感じで合わせてくださいね~。」と申し上げると案外できるようになりますが、いつのまにかだんだんズレてきて、しかも弾くことに必死でそのまま弾き続けてしまうのです。

私はそれを気持ち悪いと感じるのですが、弾き続けているところをみるとそれほど気持ち悪くないのでしょう。

ゆっくりしか弾けないという訳ではありません。どんどん速くなってしまう方もいらっしゃいます。

苦肉の策として楽譜にメトロノームが鳴る箇所を書き込んでいますが、そういう問題でもなさそうです。

横でメトロノームに合わせて手拍子をしたり、ピアノの椅子の一部を叩くと若干マシになります。

でもやめるとまたズレてきます。

こういう時はまた便利グッズに登場してもらいましょう!スマホの録音機能です。

許可を取って録音させていただき、それを聞いていただくと初めておかしいことに気付かれます。

「ひぇ~、こんなことに…。」と修正して、きちんとできるようになる場合もあります。

要するに自分の出した音を聞いていなかったということです。

子供の場合は割とメトロノームに合わせて弾くことができます。大人の方も鍛えましょう!

メトロノーム関連ブログ】
ピアノレッスンに便利なスマホの機能~メトロノーム
音感・リズム感が乏しい子供のレッスン
どうすればピアノの初見に強くなれるか?~バレエピアニストだった昔を振り返って

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください