「ピアノ発表会 曲 小学〇年生」この中でおかしなワードは??

私はこのブログの他にピアノのサイトをいくつか運営しています。

管理者ページには、読者の方がどんなキーワードで訪ねて来てくださったかわかる機能があります。

そこで「ピアノ発表会 曲 小学〇年生」というキーワードを時々発見します。

この中で1つ、おかしなワードがありますね!わかりますか??

そう、「小学〇年生」というくくりはピアノ学習者にとって存在しません。小学生向きの曲というのもありません。

同じ学年でもピアノでは使う教材がピアノ教室によっても違うし、生徒さんのタイプによっても変わってきます。進むペースは生徒さんの性格やセンスによっても違います。

うちのピアノ教室で初心者用のピアノの教本を1冊4週間で仕上げた5歳児がいる一方、同じ楽譜を半年かかってもまだ終わらない小学生もいます。つまり、ピアノのレベルは年齢に関係ないということです。

そして、ピアノは点数で判断できない分、レベルを分けるのが難しいですが、発表会においては得意なことを伸ばしてあげるのが良いと思います。

こちらのサイトもご活用ください♪
【動画で選べる!ピアノ発表会おすすめ曲】

指が速く回る子には速い曲を、大人顔負けの表現力がある子には思いを伝えやすい曲を、大きな音が出せる子には強弱の差がある曲を選んでみてはいかがでしょうか。

【ピアノの進度に関するおすすめ記事】
ピアノ教師は見ている!初ピアノの生徒さんの進歩が見える時
初心者(幼児)のピアノ発表会曲考察
習い始めたのが遅い生徒さんのピアノ発表会おすすめ曲

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください