ピアノの進度が速い生徒さんの特長~その2.ごまかさない

ピアノの進度が速い生徒さんは、レッスン中にもある共通点があります。

ほんのちょっとしたことなのですが、進度の差が出ます。

それは、レッスンで音ミスや指がもつれて弾けなかったときの対応です。

進度の速い生徒さんはごまかしません。(発表会の本番や、通し稽古の時はごまかす方が良いですが)

そして、必ず少し前からきちんと弾き直します。

この「少し前から」というのがとても重要なのです。

一方進度の遅い生徒さんは、その音から弾き直すか、ほとんど気にせずに弾き進めます。

こういうところに普段どのように練習しているかが出てきます。

後者のように弾いていては、弾けるようになるまでに時間がかかるのは一目瞭然。

進度の速い生徒さんは、細かい部分練習を常に取り入れているのです。

【ピアノの進度に関するおすすめ記事】
ピアノの進度が速い生徒さんの特長~その1.指使いを守る
自分のピアノレベルを知りたい

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください