おめでとうクリスマスをflowkeyで演奏してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkeyを使って、おめでとうクリスマスを演奏しました。

メロディーが美しく耳に残るこのクリスマスキャロルは、16世紀のイングランドで生まれました。

新年を祝うこのクリスマスキャロルは、イングランドの伝統的なキャロルとしては珍しいらしいです。

多くキャロルの最後の曲目として歌われているそうです。

flowkeyで「上級者」レベルのものを演奏しています。

音数が多い左手は大きくならないように気を付けつつ、流れるように歌い上げました。

flowkeyについてまとめたサイトを作っていますので、気になる方はご覧ください。
ピアノ練習アプリ flowkey 徹底ガイド

flowkey公式サイトのリンクも貼っておきます。
flowkey公式サイト

flowkeyに関する他のブログはこちら♪
ピアノ練習アプリflowkeyの関連ブログ一覧

こんなお悩み、ありませんか?

発表会前に演奏を誰かに聴いてもらいたい…

あがり症を克服したい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください