関ジャニ∞ 第6回(2018年3月)Theモーツァルト 音楽王No.1決定戦~2.

前回の続きです。

今回はミスタッチの数で勝負している訳ですが、その試合内容について思うところを書いていきたいと思います。

まず、最強プロ軍団対最強学生軍団という枠について。

ピアニストがプロであるかそうではないかというところは大変微妙です。

音大を卒業したからプロピアニストとも言えず、将棋やゴルフのように試験がある訳ではありません。

チケット代が発生するコンサートを開いたとしても、ピアニストとして食べて行けるかどうかは、残念ながら日本では大変厳しい現実があります。

今回出演されたプロピアニストの方々は「世界で活躍するプロピアニスト」というネーミングですが、海外の方がプロとして活躍しやすいというのが正解でしょう。

また、最強高校生として出場された亀井聖矢さんは、既にリサイタルも何回か開いておられ、ホールが満席になるほどの人気です。

もちろんこれからも勉強と経験を積み重ねて立派に成長されていくと思いますが、既にプロピアニストに近い方だと思います。

そしてプロピアニストと言ってもずっと特定・不特定の先生に師事しているので、ピアニストというのは生涯学生のようなもの。

ピアニストに「プロ」が付くのは日本のクラシックの世界ではピントが外れているのかもしれません。

結局、試合では学生の方が優勝されたのですが、彼女の本当の演奏がどのように素晴らしいのかはまだわかりません。

しかし、演奏経験と日々の練習に裏付けされた自信からくるメンタルの強さには脱帽です。

まだ書けそうなので続きます。
【関連ブログ】
関ジャニ∞第6回Theモーツァルト 音楽王No.1決定戦
関ジャニ∞第6回Theモーツァルト 音楽王No.1決定戦~3.

Comment

  1. 匿名 より:

    ロシア LOBODAさん歌う 鶴 に涙しています。地獄に降り立った 天使 が幾千万の戦死者のタマシイを救うべく哭きながらうたいあげるその声は何人も涙するほかはない。

    ご存知とはおもいますが 鶴 はロシアの詩人が広島に来てその悲惨さをみて 詩 にしたものだそうです。
    https://www.youtube.com/watch?v=jhL_dHn7dpc

    開けない時は
    LOBODA – Журавли (LOBODA 鶴)で
    検索してみてください。(視聴回数422.982)
     
     
      

    • pianeys より:

      恥ずかしながらこの歌の事は知りませんでした。
      ロシアの旋律がもの哀しく、とてもこの詩に合っていますね。
      ボニージャックスの歌う日本語バージョンも聴いてみたら素敵でした。
      ご紹介ありがとうございます。

  2. 匿名 より:

    LOBODAは人の名前ではないかもしれません(汗)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください