ピアノレッスンを止めた後がピアノ教師の腕の見せ所

来月からに高1L君が、レッスンのお休みに入ります。残念ですが仕方がありません。

L君は私立の進学校で、授業後の特別講習などでいつも帰りが遅くなり、私の出張できる時間と合わなくなってしまったのです。

姉のIちゃんは発表会後、一足先に受験体制に入っていました。

ただし、この二人はこれから先もずっとピアノを弾いていくだろうと思います。

音大に進学しないとわかっていたので、いつかはこのような時が来ると考え、レッスンの方向を変えました。

とにかく初見で何でも弾けるようにということを第一に教え、2人とも、かなりできるようになりました。

ポピュラーの難しいリズムも頭で理解して手が動くようになったし、止まらずに巧妙にごまかすテクニックも少し身についてきました。

先日修学旅行に行ってきたIちゃんから、お土産もいただきました。

初見のレッスンがとても楽しかったので、今でも気が向いたときに色々な曲を弾いているという嬉しいお手紙が添えられていました。

ピアノのレッスンを止めても楽しんでもらえると、私は教えた甲斐があるし、生徒も習った甲斐があるというものです。

二人には悔いのない受験勉強をしてほしいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください