音楽ノートを見ればわかる生徒ウォッチング

音楽ドリルとは別に、聴音などを音楽のノートを使ってやっています。

面白い事にその子の性格がだいたいわかります。

迷ってなかなか書けないОちゃんは、きっとお母さんがいつもそばでダメだしをしているのだと思います。ピアノを弾くときも自信なさげです。

正解率が非常に高いM君ですが、文字が乱れているのと同様、ピアノのタッチも安定しません。

Cちゃんは何を書いても大きすぎてしまいます。

同い年のPちゃんは、Cちゃんよりも言葉や文字を覚えるのは遅かったですが、案外綺麗に書けています。

Pちゃんのお姉ちゃんAちゃんは、適当すぎて結局消すことになってしまいます。ピアノも弾き直しが多いです。

Sちゃん・Bちゃんは、綺麗に速く書けて、「書く」という作業に慣れている感じです。

Fちゃんは書いては消し、書いては消しで、じっくり待つということがありません。

新しい生徒小1xちゃん、4歳Y君姉弟は、一人ずつレッスンしてみると、思った以上に集中力がありました。

お姉ちゃんのxちゃんのノートの書き方は非常に丁寧です。少しくらいはみ出してもかまわないのに、気に入らないようです。おそらくですが、ピアノにも現れるでしょう。

弟のY君も4歳とは思えないほど集中して書きます。真剣に書いている顔の可愛い事!

こうして私の人間ウォッチングはこれからも続きます。

小学校低学年のピアノレッスンに関する他の記事】
ピアノ演奏に必要な分析力
ピアノ出張レッスンで見てしまった夫婦喧嘩
記念すべき新しい生徒さん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください