ピアノレッスン生徒のマナー~靴揃え

寒冷の折、外から帰って来ると真っ先にエアコンのリモコンスイッチを手にする私。

気がつくと玄関が恥ずかしいことになっているので、生徒のピンポンが聞こえると慌てることもあります。

しかし、いくらなんでも人様の家の玄関で靴を脱ぐ時は気を使います。

まず私に関して言えば、脱いでみて見れる靴かどうかという情けない話。

履いているときはあまり気になりませんが、脱ぐとがっかりなことがあります。

出張レッスンになんとなくくたびれたドライビングシューズを履いていってしまい、恥ずかしい時もあります。

うちに来る生徒達の靴の脱ぎ方にも色々個性があります。

わざと遠くに脱いで、いったん玄関に下りる子。

全然揃えない子。(ちなみに看護師Hさんはこれです。)

そんな中、Cちゃんママは結構躾には厳しいです。夏など幼稚園から直行の時は、玄関で靴下を脱がせていらっしゃいます。

また「お尻を向けて脱がない」「上に上がってから靴の向きを変えて揃える」「目を見てご挨拶をする」など、その場その場で注意されています。しかしほとんどCちゃんは聞いておりません。

だいたいにおいて親から注意されるよりも、他の人に注意されるほうが良く効きます。

私も姪もピアノレッスンにおいての一通りのマナーや言葉使いは、先生のレッスン室での他の方の言動を観察して身についたものだと思います。

例えば素足で先生のお宅に上がらない、というのは受験生や音大生では常識です。

ピアノ教室のマナーに関する他のオススメ記事♪
ピアノの先生に出す年賀状について
ピアノの先生への発表会のお礼はどうすれば良いか
お月謝袋に入っている金額が違う時

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください