発表会の選曲はむずかしい曲に挑戦すべきだろうか?

友人のピアノ教室との私のピアノ教室の合同発表会を1年後にするという報告を、生徒さん達にしているところです。

喜ぶ人、複雑な人、いろいろですが、とにかく動き出しました。

立派な会場の割には生徒数が少ないので、なんとかこの1年でもう少し生徒を開拓したいところです。

そうしないと、生徒さん達の会費の負担も大きくなるからです。

私がある大人の生徒さんに弾いてほしいと思っていた『幻想曲さくらさくら』は、なんと友人の所の70才代の生徒さんが弾かれるそうです。

なので予定変更してまた考えないといけません。

昨日はその方のレッスンだったので曲の希望を聞いてみたところ、古典派はきっちりしたテンポなので崩れると目立つから、ロマン派の方がよいとのこと。

なかなか自分の弱点をわかっていらっしゃると感心しました。

発表会では、わざわざ自分の苦手なタイプの曲を選ぶ必要はないと思います。

むしろ、指が良く回る人や、ダイナミックな音が出る人は、その長所を生かすべきだと思っています。

発表会の曲をかなり背伸びして選ぶ人もいますが、私はあまり賛成できません。

今の実力を遺憾なく発揮できる曲の方が、結果的には成功すると思います。

難しい曲を浅くやるよりは、自分に合った曲で、レベルの高い演奏をする方が勉強にもなるし、聴く方もその方がよいに決まっています。

大人の人には早めに曲を渡すほうが良いと思うので、これからじっくりと曲を選んでいきたいと思っています。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください