発表会の選曲は難しい曲に挑戦すべきだろうか?

発表会を1年後にするという報告を、生徒さん達にしているところです。喜ぶ人、複雑な人、いろいろですが、とにかく動き出しました。

立派な会場の割には生徒数が少ないので、なんとかこの1年でもう少し生徒を開拓したいところです。そうしないと、生徒さん達の会費の負担も大きくなるからです。

私が主婦のHさんに弾いてほしいと思っていた『幻想曲さくらさくら』は、なんと友人の所の70才代の生徒さんがが弾かれるそうです。なので予定変更してまた考えないといけません。

昨日はレッスンだったので曲の希望を聞いてみたところ、古典派はきっちりしたテンポなので崩れると目立つから、ロマン派の方がよいとのこと。なかなか自分の弱点をわかっていらっしゃると感心しました。

発表会では、わざわざ自分の苦手なタイプの曲を選ぶ必要はないと思います。むしろ、指が良く回る人や、ダイナミックな音が出る人は、その長所を生かすべきだと思っています。

発表会の曲をかなり背伸びして選ぶ人もいますが、私はあまり賛成できません。今の実力を遺憾なく発揮できる曲の方が、結果的には成功すると思います。難しい曲を浅くやるよりは、自分に合った曲で、レベルの高い演奏をする方が勉強にもなるし、聴く方もその方がよいに決まっています。

今、新しい生徒のIちゃんが練習中のドビュッシーの『月の光』は、みんなの好きなピアノ曲ベスト10に入るほどの人気のある曲です。私は今までに数人この曲を見てきましたが、不思議なことに、Iちゃんをはじめ、全員が前の教室をやめた時にそのまま持っている曲でした。『月の光』の教え方に納得がいかなくて、前の先生をやめたということなのでしょうか?

しかし、私が見る限り、全員が実力以上の曲でした。曲をあげた先生も先生だと思います。一通り弾くのが精一杯で、結局こちらの要求する音には当分なりそうにないので、合格にしてひとまず切り上げるしかありません。また実力がついてきたら、もう一度チャレンジすればよいでしょう。

大人の人には早めに曲を渡すほうが良いと思うので、これからじっくりと曲を選んでいきたいと思っています。

↓↓ランキングに参加しています!
↓↓応援していただくと励みになります。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 人気ブログランキング

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください