ピアノ教室をやめる時にこれだけはした方がよいこと

3年間教えていた◯ちゃんがピアノをやめる事になり、昨日は最後のレッスンでした。

規定通りに1ヶ月前にやめる旨をお聞きしていました。メールでしたが…。

やはり、最後のピアノレッスンは気持ち良く終わりたいので、教えるべきことをしっかり教えて、少し難が残る曲もなんとか仕上げて、音楽ドリルもキリの良いところで終えました。

最後のレッスンくらいはお母さんに見て欲しかったけど、来られませんでした。

レッスンは遠慮されたのかと思って玄関まで出てみてもいらっしゃいません。

外まで出たら、お母さんは車の中で携帯をいじっておられました。私が近くまで行くと、ちょっと慌てておられましたが、挨拶もそこそこに帰られました。

ピアノ教室をやめる原因は、子供があまり練習しなくなったからということですが、親子揃って習い事の意味や覚悟も足りなかったと思います。

別にピアノ教師にヘコヘコする必要はありませんが、お月謝を出してわざわざ習い事をさせてあげているということを我が子に自覚させることは、とても大事なことではないでしょうか。

それには子供の前で親がそれを示さなければなりません。品物まで用意する必要はありませんが、せめて玄関先まで来てお互いに挨拶をするのが気持ちの良い終わり方だと思うのですが。

ピアノ教室マナーはこちらから♪
ピアノ生徒・保護者の鑑
ピアノ教室、付き添いの保護者のマナーと注意点~その1.
残念な客席のマナーの悪さ~ピアノ発表会・ピアノ教師の長い一日

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください