ガツンと言いました!

8月にオーバーワークのピアノの生徒さんという記事を書きました。

あの時弾いていた『小犬のワルツ』はまだ終わりません。

これ以上甘やかしてはいけないと思うようになってきて、先日ガツンと言いました!

小学生の〇ちゃんはちょっと不器用で、がんばりすぎて違う方向に行ってしまうことがあります。

例えば、まだ両手で合わすにはリズムが難しいと思って「片手ずつ」の宿題にしていたのに、両手で練習してぐちゃぐちゃになってしまったり、自分で楽譜に色マーカーで印を付けてがんばろうとした結果、楽譜がチカチカして逆効果になったりというようなことです。

発表会の曲も間に合わなくて、どうしても弾けない装飾音を苦肉の策で省略したのですが、次の週もまだトライしていて、結局他の部分の練習ができていなかったこともありました。

習い事にしても、やめてしまうことに抵抗があるようでなんとなく続けている感じです。

『小犬のワルツ』が眠たさでグダグダになってきた時、私は演奏を止めました。いつもだったら頭がシャキッとするまで他の事をさせていたのですが、今回は違います。

「忙しいのはわかっているし、家でピアノを練習する時間がないのもわかってる。だからピアノレッスンに来た時だけは集中しなさい。これでは貴重な時間が無駄になるだけでしょう。
〇ちゃんが家で練習した時間も無駄になるし、送り迎えしてくれているお母さんや月謝を出してくれているお父さんの労力や時間も無駄になる。
先生も良い気はしないです。」

その後の〇ちゃんの態度は少し変わりました。ある意味本当に目が覚めたのかもしれません。

集中力の関連ブログ】
音楽ノートを見ればわかる生徒ウォッチング
同じ間違いを何回も繰り返す~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん
レッスン中に集中力が欠ける生徒さん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください