問題発生!鍵盤の数は大丈夫??

初めての発表会に向けて頑張って練習している新しい生徒さん。

譜読みも順調に進み、一通りできました。

しかしここで問題点が2つ発生したのです。

1つ目の問題点は、激しいフォルテが魅力的な曲なのに、なかなか和音をフォルテで出すタイミングがつかめないことでした。

それは他の電子ピアノで練習している生徒さん同様、慣れてくると思っていました。

2つ目の問題点は、その生徒さんはいつも1回目に弾くときに、かなり鍵盤の場所を迷うことです。

これはもしかしたら・・・と思って、私は生徒さんにお願いしてみました。

「おうちの電子ピアノの鍵盤の数を数えてきてくれる?」

その結果、白鍵黒鍵合わせて32個しかないことが判明しました!

習いに来るときに電子ピアノがあります、とお母さんがとおっしゃっていたのですが、キーボードだったのです。

ということは、発表会の曲を楽譜どおり弾くことは、おうちでは不可能になります。

またキーボードなら音量も一定なので、強い音を出すタイミングがわからなかったのも当然です。

親御さんは事の重大さに気づいていらっしゃらないと思うのでご連絡してみました。

びっくりして、すぐに88鍵盤の電子ピアノを買ってくださいました。

ペダル付きのピアノをリクエストしておいたのでひとまず安心です。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください