問題発生!習い始めたのが遅い生徒さんのピアノ発表会

小学校4年生のeちゃんのピアノ発表会の曲は、ストリーボッグの『愛らしいタランテラ』に決めて、練習をがんばっていました。

譜読みも順調に進み、一通りできました。

しかしここで問題が2つ発生したのです。

タランテラは、速くて激しい情熱的な曲です。

一つ目の問題点は、激しいフォルテが魅力的なのに、なかなか和音をフォルテで出すタイミングがつかめないことでした。

それは他の電子ピアノで練習している生徒さん同様、慣れてくると思っていました。

しかしそれ以上に大問題があったのです。

eちゃんはいつも1回目に弾くときに、かなり鍵盤の場所を迷うのです。

私は思い立ってお願いしてみました。「おうちの電子ピアノの鍵盤の数を数えてきてくれる?」

その結果、白鍵黒鍵合わせて32個しかないことが判明しました。

eちゃんのおうちのピアノは電子ピアノではなくキーボードだったのです。

つまり『愛らしいタランテラ』を楽譜どおり弾くことは、おうちでは不可能なのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください