ピアノ連弾成功のために注意すべきこと

子供向けのコンサートの企画と演奏を任され、ただ今練習中です。

面が割れる恐れがあるので曲目紹介は避けますが、オール連弾です。

私は発表会では必ず生徒に連弾をさせているし、連弾にはちょっとうるさいのですが、色々と苦労があります。

二人で弾くと手がぶつかるので、思い切り手首を上げたり下げたりと、無理な形で弾かなければならないところもたくさんあります。

今回私はプリモ担当ですが、セコンドさんの爪が何回私の左手を引っかいたり突き刺さったりしたことか!

その度にどう弾くか二人で知恵を絞ります。

指使いを工夫するとか、すばやく指を離すとか、音を省略するとか。

まるでジャグリングか急速餅つきをしているみたいですが、お客さんにはそのことがわかりません。

誰がどこを弾いているとか、難しいとかややこしいとかは関係ないのです。

むしろ苦労していることが演奏に出ては台無しです。

次回はピアノ連弾の譜めくりについて。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください