関ジャニ∞ 第6回(2018年3月)Theモーツァルト 音楽王No.1決定戦~4.

関ジャニ∞ 第6回(2018年3月)Theモーツァルト 音楽王No.1決定戦について、思うところを書き綴っていたら回が重なってきました。

最後は今回の企画の課題曲について書きたいと思います。

課題曲は認知度の高いクラシック曲のアレンジでした。

1対決に対して2曲・合計10曲は、不公平がないようにどの曲もだいたい音の数が同じになるように作られています。

もちろん、跳躍、連打、オクターブ、テンポも同じ位の難易度で取り入れています。

メトロノームに合わせたような演奏でしたが、やはりその中でも日本人のプロ組の表現力は高く、流石だと思いました。

もちろんこの番組に出演することに抵抗もあったと思います。しかし、番組を通じて演奏に触れることが出来たのは良かったと思います。

最後の最後に東大生の角野隼斗さんについて。

ピアノも好きだけど他の勉強も魅力的で、職業としてはピアノはちょっと…というところでしょうか。

音に関する研究をされていらっしゃるようで、素晴らしいです!私の周りにもピアノの道をあえて選ばない方が結構いらっしゃいます。

番組での彼の肩書は「アジアを3回制覇」ということでした。これは『ショパン国際コンクールin ASIA』というコンクールで金賞を取られたということです。

IN ASIAと付いた国際コンクールですが、最終のアジア大会も東京で行われ、出場者も大部分が日本人です。

ショパンコンクールとは全く別物ですが、日本国内ではそこそこレベルが高いコンクールです。

『ショパン国際コンクールin ASIA』の金賞と言えば、牛田智大さんが思い浮かびますが、角野隼斗さんも同じ先生に付いておられます。

少し年下の牛田智大さんがクローズアップされてきたので、進路を変えられたのかもしれないと勝手に想像しています。

【関連ブログ】
関ジャニ∞第6回Theモーツァルト 音楽王No.1決定戦
関ジャニ∞第6回Theモーツァルト 音楽王No.1決定戦~2.
関ジャニ∞第6回Theモーツァルト 音楽王No.1決定戦~3.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください