若くして亡くなったMさんのこと

私の周りでは、若くして亡くなっている人が残念ながら多いです。

小学校でバレーボールなどをして一緒に遊んだ運動神経抜群の女の子。高校の時に何かと声をかけてくれた先輩。(実は私が片思いだった人のお姉さん)高校時代、帰る方向が同じでよく一緒に歩いた同級生。一緒に母校で教育実習を受けた別の音大の人。音大で同じ門下のMさん。

いずれも親しく付き合ったわけではありませんが、たぶん町でばったり会ったとしたら「わ~、久しぶり。お茶でもどう?」というような間柄です。その中でもMさんは特に印象に残っています。

私の学年には大先生の門下生は5人いたのですが、彼女もその中の一人でした。自宅が遠かったので寮に入っていて、それはそれは勉強熱心で負けず嫌いの学生でした。

彼女が大学2年の時自ら選んだ実技テストの曲は次の通りです。

エチュード :ショパン『木枯らし』
スクリャービン『Op.8ー12』
バッハ :パルティータ第2番全曲
古典 :ベートーヴェンソナタ『熱情』全楽章
近代 :プロコフィエフソナタ3番

うちの大学は試験が厳しく曲数も多かったのですが…。その試験では、エチュード2曲、バッハ、古典派、近代よりそれぞれ選ぶというものでした。大先生はレッスンの時間が足りないと悲鳴をあげておられました。ちょっとしたリサイタルなみのプログラムです。

そんな彼女が大学3年生の時大先生に推薦されて、他の大学のオーケストラとピアノコンチェルトを協演することになりました。しかしこのことがきっかけでピアノ一筋だった彼女は、おそらく生まれて初めて異性とお付き合いするようになり、それがピアノに悪影響を及ぼしてしまったのです。

~推薦するのが早すぎた~と大先生が後悔されていらっしゃったのを覚えています。卒業試験の成績も芳しくなく、結局彼女はピアノと全く関係のない会社へ就職していき、ピアノから離れました。

それから数年後会社の先輩と結婚して子供が生まれたと聞きましたが、程なくしてMさんは亡くなってしまったのです。単なる風邪から運悪く脊椎にウイルスが入ったということでした。

私のショックはもちろんのこと、それよりもびっくりしたのは、その頃私が練習していた曲は『パルティータ2番』でその前が『木枯らし』、その前が『プロコのソナタ3番』そして『熱情』の譜読みに入っていたということです。何かに導かれるように私はMさんと同じ選曲をしていたのでした。

ちょうどその頃、私は大先生のレッスンを受けていない時期でした。Mさんに~ちゃんとレッスン行きなさいよ~と言われている気がしました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください