Top >  ブログ  >  ピアノレッスンは進歩した実感がなければ意味がない

ピアノレッスンは進歩した実感がなければ意味がない

2015.09.04

「とりあえず月謝を払っておけば、何かを覚えてくるだろう。」

塾にしても、スポーツ系にしても、お稽古系にしても、親御さんはそう期待していると思います。

私の指導目標は、『進歩した実感のあるレッスン』です。

私は小6から大先生の所にお世話になっていますが、レッスンの次の日に母がいつもびっくりしていました。

一回見ていただいただけで、昨日より曲がグっと上等になっているからです。

私は母の感想がとても嬉しかったです。

私もそういうピアノレッスンを目指しています。

1.決められた時間内で進歩できるよう指導する。

2.子供が家に帰ってピアノを弾くと、お母さんがびっくりするくらい上達している。

3.実際にお母さんがそれに気付かれて、子供を褒めてあげる。

この3つがワンセット。

3つ揃えば私のレッスンは大成功なのです。

私が一番困るのは、お子さんのレッスンに無関心すぎたり干渉しすぎる親御さんです。

適度な距離を持ちながらというのが一番理想です。

小学校低学年のピアノレッスンに関する他の記事】
うちの子ってピアノの天才!?
ピアノレッスン中に進化する人、退化する人

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ