ママ友がピアノの生徒の保護者の場合

つまり、我が子のお友達を教える場合です。

これは結構大変だとピアノ教師の皆さんから聞いています。

ピアノの先生が我が子も教えている場合、一番大変なのはピアノ教師の子供ではないでしょうか?

「先生の子供だから上手なのは当たり前」という目で見られるし、他の生徒よりも手をかけていると思われるからです。

実際にいじめにあった子もいます。

それに、ママ友の方がけじめをつけられない場合も多いようです。

せめてピアノを教わっている時間や、他の保護者がおられる場合だけでもタメグチはやめるべきでしょう。

習っている子供も、「〇〇ちゃんのところのおばさん」という感覚でピアノを習うと思います。

厳しく注意もしにくいので、ほとんどの先生がお断りすべきだったと後悔しています。

ピアノの先生を選ぶ場合にもママ友は避けた方が無難という結論です。

♪ピアノ教師に関するオススメの記事♪
ピアノ教師が我が子を他のピアノの先生におまかせする件について
ピアノ教師のプライベートに興味津々~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください