曲のはじめから弾きたがる生徒さん

ピアノのレッスンで1段目はOK、2段目もOKかなと思いきや、3段目に行くところでミスをしてしまう生徒さん。

確か、先週もそうでした。

「2段目の終わりの小節から弾いてごらん」と私が言っても「はじめから弾く」と譲りません。

はじめから弾けないと合格できないと思っているか、途中から弾くのが難しいかのどちらかでしょう。

もちろんはじめから弾けないと合格はできないし、途中から弾くのは難しいです。しかし、途中から弾けない時点で、もう合格できるレベルではないのです。

またはじめから弾いてもおそらくミスしたところで同じ結果になります。1週間そういう弾き方をしていたのでダメだったのです。

つまりはじめの2段は何回も弾いて上手になるけれど、2段目の終わりから3段目にかけては弾くのをパスしたことになるのでいつまで経っても上手にならなかったということです。

これはピアノの進度が遅い生徒さんに見られる特徴の一つです。

時間の無駄なので、こんな不合理なことはやめましょう。

むしろ、その他のところは弾かなくてもよいくらいです。

私は発表会おすすめ曲の練習をがんばっていますが、通して弾くことはあまりしていません。

弾きにくいところを他のところのレベルに上げることが第1目標です。

ピアノの進度に関する記事はこちらから♪
ピアノの進度が速い生徒さんの特長~その1.指使いを守る
ピアノの進度が速い生徒さんの特長~その2.ごまかさない
進度が遅くても平気な人~ちょっと教えにくいピアノの生徒さん

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください