大喜び!ピアノレッスンで木琴を使ってみる

昨年末の大掃除で納戸を片付けていると、古い木琴が出てきました。

レッスンに使えないか考えて、曲当てゲームをすることにしました。

木琴を叩く事は、ピアノを一本指で演奏することと同じ感覚です。

小さな木琴を初めて見たCちゃんは興奮していました。

「なんでもいいから演奏してね。先生がその曲を当てるから。」

Cちゃんは見事に『ジングルベル』を演奏しました。それから『かっこう』も!

しかしその後止まってしまいました。「次は?」と促すと、「他の曲、思い出せな~い。」

なるほど『ジングルベル』も『かっこう』も最近弾いた曲です。

「何でも知っている歌でいいよ。『ちょうちょう』は?」Cちゃんは弾き始めましたが、なんだか怪しげです。

「楽譜がないとわからな~い。」

楽譜なしで色々な曲を弾けるようになるのも、とても大切なことです。そっくりその通りでなくても、それらしくで良いのですが……。

『ちょうちょう』の後半は『チューリップ』になり、なんとか終了しました。

楽譜に載っている曲を練習することは大切ですが、私は聞いた曲を弾けるようになってほしいと思っています。だからもっとピアノで遊んでほしいと願っています。

「じゃぁ、今度は先生がするから曲を当ててみてね。」

「うん!」Cちゃんはワクワクしています。

私はCちゃんが大好きな『ゴジラ』のテーマを演奏しました。

Cちゃんは大喜び!当分木琴が活躍しそうです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください