音大受験曲をピアノ勉強会で初披露する

ピアノ勉強会が迫っています!姪はシューマンの『アレグロ』とバッハ平均律を弾くように大先生に言われています。

姪は今、半ばパニック状態で練習しているとのこと。

シューマンは2ヶ月、バッハに至っては1ヶ月も経っていないのですから、無理もありません。「出たくない~無理~恥をさらしたくない。」とわめいているそうです。

私はドビュッシーの『喜びの島』に決めました。勉強会で弾くのは初めてですが、実は今回練習するのは3回目です。

一度、ステージにも上げていて、言わば私のレパートリーの一つのようなものなので、姪から「ずるい!」と言われています。

昨日は暗譜の確認をしてほしいと姪が来たので、付き合いました。(こういう時間が取られるのを覚悟して『喜びの島』にしたのです!)

今日の暗譜確認は1小節ずつ弾いては止まって手を下ろし、私が合図をするまで次を弾かないというやり方です。これをするだけで、小一時間かかりますが、穴が数箇所見つかりました。

私の練習は毎日1時間~2時間足らずですが、姪は夏休みになってから6~7時間は弾いています。

勉強会が終わればコンクール、そして受験と怒涛のように試練が待っています。

【ピアノ勉強会に関するおすすめ記事】
ピアノ勉強会はクルシミマス会
ピアノ勉強会のお楽しみはその後の・・・
今年の締めくくり・ピアノ勉強会のプログラム
ピアノ勉強会終了~演奏の講評紹介

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください