頭の中が真っ白になってしまった苦い経験

ピアノを暗譜で弾いていて、「手が勝手に動いてくれる」という状態は2種類あると思います。

一つは集中力が欠けている時。この状態を暗譜ができていると思い込むとボロボロになります。

もう一つは徹底した暗譜と練習によって 指が覚えこんでいる時。この状態では、例え真っ白になったとしてもなんとかしのげる場合もあります。私の過去の失敗談をお話します。

身内で気楽な弾き合い会があり、私はドビュッシーの『水の反映』を弾くことにしました。先だっての勉強会で、わりと満足に弾けたので大丈夫だと思っていました。勉強会から弾き合い会まで1ヶ月半。なんとか維持したつもりでした。

しかし本番ではたった1音のもつれから、取り繕えないほど音が乱れ、挙句の果てには音が浮かんでこなくなってしまったのです!暗譜の自信を失ってしまったので、もう一度最初から楽譜を見ながら弾きました。

この演奏で、大事なことを2つ学びました。

1つ目は、勉強会本番にピークが来るように持っていったのですが、そのピークが1ヶ月半も続くはずはなかったということです。

毎日弾いて、「今日も大丈夫。」と思い慢心していました。叩き壊してからもう一度組み立てなければいけなかったのです。半月ほど曲を寝かせておいて心新たに細かく暗譜の確認をするべきでした。

2つ目は、暗譜を前提に演奏している時は、譜面を見ながら弾くことが難しいということです。楽譜を見ながらの演奏は楽譜を見るポイント、譜めくりのタイミングなどの練習が別に必要でした。

この教訓により、まず暗譜かそうでないかをはっきり決めることと、ピークへの持って行き方に注意しています。これは生徒達にも言える事なので、発表会などの参考にしています。

Comment

  1. ジェームス より:

    本日初めてサイトを見つけました。エレクトーン発表会用に効果的な暗譜方法を模索していたところです。掲載されている内容はとても参考になります。暗譜に対する自分の考えの甘さも認識させられました。掲載されている方法に則り本番(6月10日!)に向けて頑張ります。1つ教えてください。暗譜方法Step 8の縦割り練習は楽譜を見ながらで宜しいのでしょうか?宜しいお願いします。

    • pianeys より:

      ご覧いただきありがとうございます!
      私も暗譜は年々大変になってきています。
      でもこれらの方法は実践してみて効果がありますので、ぜひお試しくださいね。

      お尋ねの件ですが、Step 7以降は全て暗譜でできるようにして下さい。
      初めは楽譜を見ながらでもかまいません。
      暗譜が出来ている自信があれば、表現にも余裕ができると思います。
      6月10日頑張ってくださいね!!

      • ジェームス より:

        早速のお返事ありがとうございます。Step7以後は全て暗譜でのこと、頑張ります。年々… ホントに大変であります。
        こちらのサイト、本当に素晴らしいです。具体的で分かりやすいです。実は、「暗譜ってここまでやらないといけないのかもしれない。でもなあ〜」とボンヤリ考えていたことをハッキリと断言されていて、身が引き締まりました。
        これからも拝見させていただきます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください