2018年浜松国際ピアノコンクール第一次予選通過者発表

浜松国際ピアノコンクール第一次予選通過者が発表されました!

牛田智大さん合格です!

第一次予選通過者は24名で、そのうち男性20名女性4名という結果です。

その中で日本人は男性6名、女性1名の計7名の方々。

第二次予選、牛田さんは初日の11月15日(木曜日)16:10からです。

気になる牛田さんのプログラムは

ラフマニノフ作曲『ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.36 (1931)』

ショパン作曲『バラード第1番 ト短調 Op.23』

古典派、ロマン派、近・現代作品より2つ以上の異なる時代区分から2作品以上を選択ということです。

更に第10回コンクールのために佐々木冬彦氏が作曲した新譜課題曲『SACRIFICE』を含めた40分以内での演奏となります。

あ~また仕事でライブは無理です。残念!

第二次予選、他・浜松国際ピアノコンクール

【ピアニストの牛田智大さんに関する他の記事】
2018年浜松国際ピアノコンクール第二次予選通過者発表
2018年浜松国際ピアノコンクール~本選に進む6名は!?
続・2018年浜松国際ピアノコンクール~本選に進む6名は!?

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください